ゴーン前会長の保釈を決定 保証金5億円を納付し、近く保釈へ

Carlos Ghosn Image copyright Getty Images

東京地裁は25日、会社法違反(特別背任)の罪で追起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)について、保釈を認めた。保釈保証金は5億円で、前会長は即日納付した。近く、東京拘置所から保釈される見通し。

ゴーン前会長は、日産の資金を不正に私的流用したなど、計4件の罪で起訴されている。前会長は無罪を主張している。

ゴーン前会長は3月にも一度保釈されたが、今月4日に新たに会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕され、再び勾留されていた。東京地検は、前会長が中東オマーンの日産の販売代理店に何百万ドルもの送金をし、前会長が管理する口座に500万ドル近くを還流させたとして、追起訴した。

ゴーン前会長にとって今回の保釈は2回目となる。前会長の弁護士が22日、保釈を請求していた。

行動と通信を制限か

今回の保釈の条件は明らかにされていないが、行動範囲と通信は制限されるとみられる。

前回の保釈では、裁判所が認めたゴーン前会長の住宅の入り口を、カメラで24時間監視することが条件の一つとされた。

さらに、使用できるパソコンは弁護士事務所の1台に限定され、携帯電話も1機に制限された。

108日間勾留後、10億円で保釈

ゴーン前会長は昨年11月、役員報酬を過少に記載し、個人的な損失の穴埋めを日産にさせたなど、会社資金の利用をめぐって「重大な不正行為」があったとして、金融商品取引法違反容疑で逮捕、起訴された。

東京拘置所での勾留は108日間に及び、先月6日、保釈保証金10億円を納めて保釈された。

自動車業界の大物であるゴーン前会長の失脚は、国際的な注目を集めている。前会長の光と陰に加え、国際的な自動車メーカーの連合や、日本の法制度の問題にも関心が寄せられている。

ブラジル出身で、自動車業界の大物だったゴーン前会長は、ルノーと日産自動車の提携の立役者で、2016年には三菱自動車も連合関係に引き込んだ。

その後の数年間でルノーと日産自動車を再建し、その手腕が高く評価された。

ゴーン前会長は今月、自身にかけられた嫌疑は陰謀だとし、日産の幹部たちについて「陰で足を引っ張っている」と非難していた。

(英語記事 Nissan's ex-boss Ghosn granted $4.5m bail

関連トピックス

この話題についてさらに読む