一人暮らしの高齢者、ヤクルトレディが見守る 韓国
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

一人暮らしの高齢者、ヤクルトレディが見守る 韓国

ヤクルトは1970年代に韓国で乳製品の配達事業を開始した。

ヤクルトレディは電動の冷蔵カートに乗り、町をめぐってヨーグルト飲料などを配達する。

高齢化が進む韓国では、一人暮らしの高齢者問題が急速に広がっている。

そうした中、ヤクルトレディたちは高齢者を見守る役割も担っている。