酒もたばこも赤身も 「好きなだけ認められるべき」 ノルウェー保健相

Newly appointed Norwegian minister for public health and the elderly Sylvi Listhaug in Oslo on 3 May 2019 Image copyright AFP
Image caption 今月3日に保健相に任命されたばかりのシルヴィ・リストハウグ氏

ノルウェーの新しい保健相が、人は「好きなだけ」赤身の肉を食べ、喫煙し、飲酒することを認められるべきだと発言し、物議を醸している。

問題の発言をしたのは、今月3日に保健相に任命されたばかりのシルヴィ・リストハウグ氏で、喫煙者は社会ののけ者であるかのような気持ちにさせられてきたとも述べた。

反移民政策を掲げる右翼ポピュリスト政党である進歩党のリストハウグ氏は昨年3月、安全保障をめぐり、法務・危機管理・移民相の職を辞任した。

リストハウグ氏は公衆衛生が何であるかを理解していないとの批判の声が上がっている。

<関連記事>

リストハウグ氏はノルウェー放送教会(NRK)に対し、「公衆衛生に対する私の出発点は非常にシンプルだ。私は道徳を監視するつもりはないし、人々に人生をどう生きるか説くつもりもない。その代わりに、選択の基礎となる情報が得られるよう支援するつもりだ」と述べた。

「人々は好きなだけ喫煙し、飲酒し、赤身の肉を食べることを認められるべきだ。当局は情報を提供したがるかもしれないが、みんな何が健康的かそうでないか、大体理解していると思う」

さらに、以前はたばこを吸っていたリストハウグ氏は、「多くの喫煙者が社会ののけ者であるかのように感じていると思う。どこかに身を隠さなければいけないみたいなね。そんなことはばかげている。喫煙は有害なので良くないことではあるが、大人は自分自身のために何をするのかを決めなければならない」と付け加えた。

「政府として我々が唯一するつもりでいるのは、情報の提供だ。そうすることで人々は情報に基づく選択をすることができる。だからこそ我々はいま、若者が喫煙を始めないよう、より多くの大人に喫煙をやめさせるような、たばこ戦略を打ち立てるべきだ」

リストハウグ氏自身は現在、社交行事を除き、喫煙はほとんどしないという。

公衆衛生に悪影響も

ノルウェーのがん学会事務総長、アンネ・リサ・レイル氏はNRKに対し、リストハウグ氏の発言は公衆衛生に悪影響を及ぼす可能性があると指摘する。

「多くの人がリストハウグ氏の発言に固執し、公衆衛生が何十年も後退することになる」

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
リストハウグ氏は2016年、難民とはどんなものなのかを体験するため、救助ボートから地中海に飛び込み、嘲笑の的になった

現在のノルウェーの連立政権は保守党、進歩党、自由党、キリスト教民主党で構成される。

リストハウグ氏が物議を醸したのは今回だけではない。

昨年、テロの疑いや国外の過激派集団への参加の疑いがある個人からノルウェーの市民権を剥奪できるようにする法案に、キリスト教民主党が反対。するとリストハウグ氏は、キリスト教民主党は国家安全保障よりも「テロリストの権利」を重視する党だと非難し、当時務めていた法務・危機管理・移民大臣の辞任に追い込まれた。

当時は右派政権に閣外協力するかたちだったキリスト教民主党は、リストハウグ氏が辞任しなければ政権を転覆させると警告した。

2016年には、リストハウグ氏は難民とはどんなものなのかを体験するため、救助ボートから地中海に飛び込み、嘲笑の的になった。

(英語記事 Let people drink and smoke - Norway health minister

関連トピックス

この話題についてさらに読む