「残念ながら」ドラゴンの研究はしていません……NZ首相が少女に返信

Prime Minister Jacinda Ardern visits Tiwai Point Aluminium Smelter on December 06, 2018 Image copyright Getty Images
Image caption ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、少女が政府にドラゴンの調査を頼む手紙に公式の便箋で返信した

ドラゴンについて調べてください、私をドラゴンの訓練士にしてください――。このようなリクエストが、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相のもとに舞い込んだ。首相は11歳少女に、「残念ながら……」と答え、依頼の手紙に同封されていた、5ニュージーランドドル(約360円)を返却したという。

11歳のヴィクトリアさんは首相に手紙で、ドラゴンの訓練士になるために念力の能力がほしいと書いた。

アーダーン首相は公式の便せんを使ってヴィクトリアさんに返信し、現政権は「現在、超能力やドラゴンについて政府は携わっていません」と答えた。

その上で首相は手書きの追伸で、「ドラゴンには目を光らせておきます。ドラゴンは、スーツを着ているのかな?」と書いた。

<関連記事>

アーダーン首相とヴィクトリアさんとのやりとりは、掲示板サイト「レディット」で初めて明らかになった。

ヴィクトリアさんの兄だというユーザーが、末の妹がアーダーン首相に「賄賂(わいろ)を渡そうとした」というコメントと共に、首相からの手紙の写真を投稿した。

それによると、ヴィクトリアさんは政府に、ドラゴンに「念力を持たせてください」 と依頼した。さらに、「政府がドラゴンについて何を知っているのか、もうドラゴンを見つけたのか、知ろうとしていた」。その上で、政府が「もしドラゴンを見つけたなら、自分がドラゴンを訓練したい」と手を挙げたのだという。

ヴィクトリアさんはネットフリックスのSFドラマ「ストレンジャー・シングス」を見て、テレパシーや、意思で物を動かす念力に興味を持ったと、このユーザーは書いている。

この投稿に対しレディットでは、「理にかなっているし、先見の明がある」、「最高の妹だね」といったコメントが寄せられた。

ニュージーランドの首相官邸はBBCの取材に対し、アーダーン首相がヴィクトリアさんに送った手紙は本物だと認めた。

アーダーン首相はヴィクトリアさんに感謝し、「あなたが提案してくれた超能力やドラゴンにとても興味がありますが、残念ながら今のところどちらの分野についても、政府は携わっていません」と書いた。

「なので賄賂のお金はお返しします。あなたの超能力とテレパシー、ドラゴンへの探求を心から応援しています」

アーダーン首相が子供からの手紙に返信したのはこれが初めてではない。

「ルーシー」という8歳少女が首相に「危険な銃を禁止するのはいいアイデア」だと手紙を書いたところ、この少女の母親が3月末、首相からの返信だという写真をツイッターに投稿した。

アーダーン首相はこの手紙の中で、「ルーシー、この手紙からあなたが優しくて思いやりにあふれる女の子だということが分かります」とつづっている。

「これからも、その優しさを周りに広めてください」

ニュージーランドは、3月15日に約100人が死傷したライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)銃撃事件を受け、4月に半自動小銃などの所持や販売を原則禁止する法案を可決したばかり。

(英語記事 Sadly, we are not studying dragons - NZ PM

この話題についてさらに読む