フランス人麻酔科医、患者に毒物注入か 60人以上が手術中に心停止

Frédéric Péchier talks to journalists Image copyright AFP
Image caption 麻酔科医のフレデリク・ペシェール氏(47)は容疑を否認している

フランスで医師が患者17人に毒物を注入させた疑いがあるとして、警察が捜査を開始した。生命の危険がなかった患者が手術中に心停止に陥った事例は60件を超えるという。

捜査対象となっているのは、麻酔科医のフレデリク・ペシェール氏(47)。

警察は今週、生命に危険のなかった4歳から80歳までの患者が、手術中に心停止に陥った約66件の事案について聞き取りを行なった。直近のペシェール氏に対する刑事告訴は、これらの事案に関連したもの。

エティエンヌ・マント検察官は地元メディアに対し、ペシェール氏はそれぞれの事例において「共通点」があるほか、複数の同僚と仲たがいしていたと述べた。

事件発生時の「ほとんどの場合、ペシェール氏は手術室の近くで目撃されていた」ほか、「誰もカリウムや局所麻酔の過剰投与の可能性を疑わない場合でさえ」どのような処置を行なうべきか迅速な診断を行なっていたという。

9人死亡させた疑いも

ペシェール氏をめぐっては、すでに、合わせて9人が死亡した別の7件の事件の捜査が行なわれている。

フランス東部の街、ブザンソンの予審判事は2017年5月、7件の毒殺事件についてペシェール氏を捜査。ペシェール氏はその後釈放されたが、医療行為の資格を剥奪された。

能力を誇示するため?

検察は、ペシェール氏が自分の能力を誇示するために、意図的に麻酔が入った袋に毒物を入れたとしている。

ペシェール氏はすべての容疑を否定しているが、有罪となれば終身刑が言い渡されることになる。

AFP通信に対し、ペシェール氏を弁護するジャン=イヴ・ルボルニュ氏は、捜査では何も証明されなかったと述べた。

「ペシェール医師がこれらの毒物混入を行なった可能性はあるが、この仮説は仮説以外の何ものでもない。推定無罪だと強く主張しなければならない」

ペシェール氏の弁護団は、最初の聴き取りの際に同氏が提出した声明を改ざんしたとして、警察を非難している。

16日に記者会見に臨んだペシェール氏は、「これらすべての結果がどうであれ、私のキャリアは終わってしまった」と述べた。

「1度でも毒殺者のレッテルが貼られた医師を信頼することはできない。(中略)私の家族はばらばらだ。子どもたちのことが心配だ」

(英語記事 French doctor charged with 17 poisonings

関連トピックス