河野外相、日本人名のローマ字表記「姓・名」順に 海外メディアに要請の考え

アリステア・コールマン、マーティン・モーガン(BBCモニタリング

Japanese Foreign Minister Taro Kono Image copyright Maliepa/Wikimedia Commons
Image caption 河野太郎外相は21日、日本人名のローマ字表記を「姓・名」の順にするよう海外メディアに要請する方針だと表明した

日本の河野太郎外相は21日、日本人名を外国語でローマ字表記する際、現在の「名・姓」から、日本語の語順と同じ「姓・名」の順にするよう、海外メディアに要請する方針だと表明した。

「姓・名」の順で表記する場合、例えば安倍晋三首相は「Shinzo Abe」から「Abe Shinzo」となる。

河野外相は記者団に対し、海外メディアによる「姓・名」表記をめぐっては、中国の習近平国家主席(Xi Jinping)や韓国の文在寅大統領(Moon Jae-in)など、ほかのアジアの人名では長らく慣例化されていると述べた。

今後、海外の報道機関に要請するほか、国内の英字報道機関もこの方針を考慮するべきだとしている。

「西洋文化の影響」

読売新聞の英語ニュースサイト「Japan News」によると、西洋文化の影響が増えた19世紀から、日本人の名前表記は近隣諸国とは違う、独自路線を歩んでいった。

姓名の順番入れ替えに関する議論は、何十年も続いてきた。

文部相(当時)の諮問機関である国語審議会は2000年12月、ローマ字表記であっても「姓・名」の順番が望ましいとし、国内のメディアや出版社、大学に対し、言語や文化の多様性を自覚し、それを活用することを求めたと、産経新聞は報じている。

河野外相は3月、外務省が公式文書におけるローマ字表記を「姓・名」に変更するか検討していると述べた。

新天皇の即位に加え、6月28日から大阪で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)や2020年東京オリンピック・パラリンピックなど、今後国際的なイベントの開催を控えている今が、氏名の表記の順番を変更するにはちょうど良い時期だとしている。

毎日新聞によると、柴山昌彦文科相が「姓・名」の順で表記するよう関係機関に求めるなど、河野外相の方針は政府内で支持を得ている。

「考慮すべき要素が多々ある」

その一方、菅義偉官房長官は記者団に対し、「これまでの慣例など考慮すべき要素が多々ある」と慎重な考えだ。

河野外相はこれまでも、デリケートな問題をめぐる独自の発言で注目されることがたびたびあった。

2015年には、日本の高齢化問題に対応するため、より多くの移民を受け入れるべきだと主張したほか、靖国神社をめぐる論争を解消するために、靖国神社に代わる国立追悼施設の設置を提言した。

最近では、謎めいた「ベーコン」ツイートをめぐり、国民の間で何かの暗号なのではないかとの憶測が広がった。

Image copyright Puramyun31/Wikimedia Commons
Image caption 日本の声優Fumiko Orisakaさんの名前も、日本語では折笠富美子。「姓・名」の順だ

(英語記事 Abe Shinzo? Japan re-thinks the order of names

関連トピックス

この話題についてさらに読む