トランプ氏と天皇陛下が会見、外国元首との面会は即位後初

U.S. President Donald Trump is escorted by Japan"s Emperor Naruhito during an welcome ceremony at the Imperial Palace in Tokyo, Japan Image copyright Reuters
Image caption ドナルド・トランプ米大統領(左)は27日午前、皇居で天皇陛下と初めて面会した

訪日したアメリカのドナルド・トランプ大統領は27日午前、天皇陛下と会見した。5月1日の即位後、天皇陛下が外国元首と面会するのは初めて。同日午前からは安倍晋三首相との首脳会談に臨んだほか、午後には北朝鮮による拉致被害者家族と面会した。

25日から4日間の日程で国賓として来日中のトランプ大統領と妻のメラニア夫人の歓迎式典が皇居で行なわれ、夫妻は天皇、皇后両陛下から歓迎を受けた。

ロイター通信によると、トランプ大統領は皇居に入る前、天皇、皇后両陛下に軽く会釈をしたという。

式典では、陸上自衛隊の儀仗隊や、星条旗と日の丸を手に集った人々が2人を出迎えた。

<関連記事>

トランプ大統領は26日、安倍首相夫妻との夕食会で、天皇の譲位について、「200年以上ぶりのこと」であり、「アメリカ代表として大変光栄だ」と述べていた。

天皇陛下は5月1日、父の明仁さまの退位に伴い、新天皇に即位した。天皇の譲位は202年ぶり。

Image copyright Reuters
Image caption 27日に皇居で行なわれた歓迎式典で、陸上自衛隊の儀仗隊の横を歩くトランプ大統領

天皇、皇后両陛下との会見後、両首脳は東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談を行ない、貿易や北朝鮮問題について協議した。

日本にとってアメリカとの結びつきは戦略的に非常に重要だ。両国は現在、2国間貿易協定に向けた交渉をしているが、トランプ大統領は26日、交渉の「多く」は7月の参議院選挙まで待つとツイートした。

会談の冒頭、トランプ大統領は「貿易に関しては、(中略)我々は8月に両国にとって非常に良い内容を発表するつもりだ」と述べた。

両首脳はまた、北朝鮮による拉致被害者家族と面会した。

何十年にもわたる拉致問題は、北朝鮮と日本の関係に悲痛な影を落とし続けている。

北朝鮮は1970年代から1980年代にかけて、同国の工作員に対し日本語や日本の習慣を教える教育係にするため、多くの日本人を拉致した。現在、日本政府が拉致被害者として認定しているのは17人で、このほかにも拉致の可能性を排除できない事案があるとしている。

北朝鮮側は計13人の拉致を認め、2002年には5人が日本に帰国した。一方で、残りの被害者についてはすでに死亡していると主張しているが、日本政府はこの説明を受け入れていない。

安倍首相は会談後の共同記者会見で、「拉致問題は安倍内閣における最重要課題」であると強調した。また、拉致被害者家族はトランプ大統領の訪日を「感謝」していたと付け加えた。

「総裁としての任期がどうか、あるいは果たして1回の会談で解決できるかどうかということに、これは関わりなく、この問題の解決に向けて全力を尽くさなければならないという責任を、私は総理大臣として負っている」

また、「北朝鮮との関係についてはまず、トランプ大統領が金正恩委員長との間で相互不信の殻を破り、非核化の先の明るい未来を共有し、北朝鮮に行動を促すという新しいアプローチをとってきていることに、改めて敬意を表したい」とも述べた。

トランプ大統領は、北朝鮮には「とてつもない経済的な可能性」があるとの従来の主張を繰り返した。さらに、金委員長は「賢い人物」であり、北朝鮮の方向性には「とても満足」だと述べた。

この会見の数時間前、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、同国外務省報道官が27日、アメリカのジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を「戦争狂信者」だと批判したと報じた。

「構造的に不良な者の口から常に歪んだ言葉が出るのは別に異常なことではなく、このような人間おしゃかは一日も早く消え去らなければならない」

Image copyright Getty Images
Image caption トランプ大統領(左)と安倍首相は(右)27日、東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談を行なった

緊迫するイランとの関係については、トランプ大統領は安倍首相がイランのハッサン・ロウハニ大統領と親しいことを指摘した上で、「イランは対話したがっていると信じているし、もしイランが対話を望むのであれば、我々もそうしたい」と述べた。AFP通信によると、「誰1人として恐ろしいことが起きるのは見たくない。特に僕は」と強調したという。

イランとの緊張の高まりを受けて、トランプ大統領は中東地域に1500人の米兵を派遣すると表明していた。

大統領夫妻は会談後、宮中晩餐会に出席するため再び皇居に戻る予定。

25日夕に来日したトランプ大統領は26日、安倍首相と朝食を共にした後、共通の趣味であるゴルフを楽しんだ。千葉県の茂原カントリークラブで、約2時間かけて計16ホールを回った。午後には、現職の米大統領として初めて大相撲を観戦し、初優勝した前頭の朝乃山関に「米大統領杯」を授与した。

両首脳による「ゴルフ外交」は今回で5回目。トランプ大統領は、安倍首相とは「非常に、非常にいいケミストリー(化学反応)がある」としている。

安倍首相はゴルフ場でのトランプ大統領とのセルフィー(自撮り写真)をツイッターに投稿した。

(英語記事 Trump is first leader to meet Japan's new emperor

この話題についてさらに読む