セクハラ被害訴えた女子学生に火をつけ殺害、16人訴追 バングラデシュ

A picture of Nusrat Jahan Rafi Image copyright family handout
Image caption 火をつけられて死亡したヌスラト・ジャハン・ラフィさん

バングラデシュの女子学生が校長による性的加害行為を届け出た後に、灯油をかけられ焼き殺された事件をめぐり、殺人罪で16人が訴追された。

イスラム教の学校、マドラサで勉学に励んでいたヌスラト・ジャハン・ラフィさん(19)は、校長に不適切な方法で繰り返し体を触られたとして、3月27日に警察に被害届を提出し、校長は逮捕された。性暴力があったとされる日から11日後の4月6日、期末試験を受けるために登校した際に、学校の屋上で火をつけられた。

首都ダッカの南約160キロにある小さな町フェニの警察は29日、ヌスラトさん殺害の罪で16人を訴追した。ヌスラトさんの訴えを受けて拘束されていたシラージュ・ウドゥーラ校長のほか、複数の生徒や、学校で優位な地位に就いていた与党・アワミ連盟の地方議員2人が含まれる。

警察によると、ウドゥーラ校長は拘留中、自分に対する訴えの取り下げを拒否したヌスラトさんの殺害を指示した。校長は法廷で、殺害を指示したと自白した。訴追されたうちの12人は供述書を提出済みだという。一方、地方議員2人は事件への関与を認めていない。

被告らはヌスラトさん殺害計画を、「軍事計画」のようだと言っていたという。

捜査官は被告人全員に対し、死刑判決を求めている。

ヌスラトさんが死亡して間もなく、シェイク・ハシナ首相はダッカでヌスラトさんの家族と面会し、殺害に関わった全員を裁きにかけると約束。「法的措置から逃れられる犯人はいない」と語った。

ヌスラトさんの死を受けて、バングラデシュでは大規模な抗議行動が起き、性的暴行やハラスメントの被害者が攻撃を受けやすい事実に注目が集まった。

ヌスラトさんに何があったのか

当時19歳だったヌスラトさんは3月27日に校長室に呼ばれ、校長に繰り返し不適切に体を触られた。事態がそれ以上悪化する前に、校長室から走って逃げたという。

ヌスラトさんと家族は、その日のうちに地元の警察署に届け出た。警察署では、ヌスラトさんがつらい経験を語る様子を、担当の警察官が携帯電話で動画に録画した。

動画に映っているヌスラトさんは、見るからに動揺し、両手で顔を隠そうとしていた。警察官はヌスラトさんの訴えに「大したことじゃない」と言い、両手を顔からどけるよう命じた。この動画は後日、地元メディアに流出した。この警察官は、ヌスラトさんの訴えを違法に撮影し、動画をネット上で公開した罪で訴追された。

被害届を受け、警察は校長を逮捕した。すると人々が通りに集まり、校長の釈放を求める事態に陥った。

Image copyright Getty Images
Image caption ヌスラトさんの死をめぐる抗議行動がダッカで繰り広げられた

警察捜査局のバナジ・クマル・マジュムデル局長によると、拘留中だった校長は、面会に来た仲間に対し、訴えを取り下げるようヌスラトさん一家を脅すよう指示したという。これが失敗に終わると、校長は必要であればヌスラトさんを殺害するよう命じた。

マジュムデル局長は28日の記者会見で、灯油やブルカ、手袋を事前に購入するなど、入念な計画について明かした。殺害当日の4月6日、生徒以外が学校に入ってこないよう、校門を見張る者や、ヌスラトさんが殺害された建物の前で見張る者など、それぞれ役割分担をしていたという。

ヌスラトさんの証言によると、女子学生の1人が、友達が殴られているからとヌスラトさんを屋上に連れて行った。

屋上に着くと、ヌスラトさんは校長への訴えを取り下げるよう迫られた。拒否すると、さるぐつわをかまされ、縛られ、火をつけられたとマジュムデル局長は述べた。

救急車の中で、ヌスラトさんは自分が助からないかもしれないと思い、きようだいの携帯電話に証言を録音した。その中で、実行犯の複数の学生の身元も明かしていた。

「先生が私に触った。命が尽きるまでこの犯罪と戦う」。録音でヌスラトさんは、そう言っている。

裁判日程はまだ決まっていない。

<解説>国を震撼させた殺害事件―― ミール・サビール、BBCベンガル語(ダッカ)

多くのバングラデシュ国民は、恐ろしいヌスラト・ジャハン・ラフィさん殺害事件から、かろうじて立ち直り始めている。一連の抗議行動は収まったものの、国民はヌスラトさん殺害事件の行く末を見守っている。

この殺害は、当初考えられていたよりも、ずっと入念に計画されていたものだったことが、捜査で明らかになった。子どもたちが最も安心できるはずである学校で起きたという事実に、誰もが衝撃を受けた。宗教的な機関で起きたという事実が、人々の悲しみを増大させた。

ヌスラトさんの死は、多くの人にとって、加害者側が裁きを受けないままでいるセクシャルハラスメントやレイプ、殺人の被害者のことを呼び起こすものとなった。過去に起きた多くの事案では、人々はすぐに被害者側を非難した。それが、今回の事件の被告人が犯行から逃れられると考えた理由の1つなのかもしれない。

この事件が、バングラデシュ国内における被害者に対する考え方を変えていくのかどうかが、大いなる疑問だ。

(英語記事 Bangladesh charges 16 for burning girl alive

関連トピックス

この話題についてさらに読む