英次期首相候補のジョンソン前外相、ブレグジットめぐる虚偽発言で訴追

Boris Johnson Image copyright PA

2016年の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票の期間中、イギリスはEUに毎週3億5000万ポンド(約485億円)を支払っているという虚偽の情報を拡散したとして、同国の裁判所がボリス・ジョンソン前外相に出廷を命じた。ジョンソン氏には「公職における失当行為」の疑いがかけられている。

今後、ウェストミンスター裁判所で予備審問が行われた後、刑事法院で裁判が行われる予定。

提訴したのは活動家のマーカス・ボール氏で、検察を通さない私人訴追となる。ボール氏はこの裁判に向けてクラウドファンディングで20万ポンドを集めたという。

ジョンソン氏は現在、テリーザ・メイ首相が6月7日に辞任すると発表したことを受け、次期保守党党首に立候補している。BBCのノーマン・スミス政治副編集長は、ジョンソン氏を批判する人々はこの裁判をこぞって指摘するだろうと述べている。

一方、ジョンソン前外相の関係者は、この提訴は「ブレグジット(イギリスのEU離脱)を覆すという政治的な目的がある」と批判している。

Image copyright Getty Images

ジョンソン氏は、ブレグジット推進派として2016年の国民投票に向けた活動に積極的に携わっていた。

その中で「3億5000万ポンド」という数字が繰り返し使われており、「EUの代わりに国民保健サービス(NHS)に資金を」という文言と共に、ラッピングバスにも掲示されていた。

ジョンソン氏には、国民投票前の2016年2月21日~6月23日と、総選挙があった2017年4月18日~5月3日の期間について、公職における失当行為3件の疑いがかけられている。

ボール氏の弁護士は今年2月にジョンソン氏に対する出廷要請を提出。それによると、ジョンソン氏はロンドン市長(当時)そして下院議員として、国民投票前の活動で故意に市民を誤った情報で誘導し、同じ主張を総選挙でも繰り返したとしている。

ルイス・パワー法廷弁護士は、ジョンソン氏の行為は「無責任で不誠実だ」と話した。

「民主主義では、公職に就く人物に責任感と誠実さの伴うリーダーシップを求めている」

一方で、今回の訴追は国民投票の結果に疑問を呈したり、この3億5000万ポンドで何をすべきだったかを問うたりするものではないと強調した。

「この疑惑で問題となっているのは単純に、イギリスがEUに毎週送っている金額についてジョンソン氏が誤った情報を繰り返したことだ。有名な『イギリスはEUに毎週3億5000万ポンド支払っている』という言葉が問題だ。イギリスがEUに毎週3億5000万ポンド支払ったことなどない」

公職における失当行為とは?

  • 13世紀までさかのぼる古い違法行為
  • 公務員や刑務所職員など、公職に就いている人物にしか適用されない
  • 公職にある人物が故意にその義務を放棄し「失当」な行為を働いた結果、公的機関への市民の信頼を損なったと認められた場合、有罪となる
  • 最大で無期懲役刑が科せられる場合もある

ジョンソン氏の関係者は、こうした訴追は「異常事態」で「イギリスの民主主義を損なうリスクがある」と述べた。

「刑事法は政治発言を規制するものではない。もしこの裁判が進めば、選挙における主義主張の強さを決めるのは市民ではなく国家になってしまう」

保守党の離脱派を主導するジェイコブ・リース=モグ議員も、「政治的な問題の解決に法的手段を用いようとするのは大きな間違いだ」と批判した。

一方、マーゴ・コールマン裁判官は出廷命令について、「この件では被告人が発言内容が虚偽だと知っていたとする十分な証拠が出ている」と説明した。

その上で、現時点では疑惑が証明されたわけではないと付け加えている。

<解説>私人訴追とは?――ドミニク・カスチアーニ国内問題担当編集委員

イギリスでは誰でも刑事訴追を行うことができる。例えば、王立動物虐待防止協会は常に動物に対する残虐行為について私人訴追を行っている。

しかし、私人訴追について公判を行うか却下するかは、検察庁のマックス・ヒル長官の手に委ねられている。

ボール氏の提示した証拠が検察庁の独自審査を通った場合や、訴追が公共の利益に適うと判断した場合、その他特段の理由で公判が必要と判断した場合、ヒル長官はこの件を検察庁に委ねる。

一方、訴追の内容が訴権乱用に当たったり、悪意や欠陥が認められた場合には、却下することになる。

この件では、すでに裁判官が一見したところ公判を開くべきだと述べていることから、ヒル長官はそれに付け加えることはないと判断するだろう。

ジョンソン氏の弁護士はすでに、この決定自体の違法性を問いただそうとしている。その場合、多くの私人訴追と同様に、この件は法的論争と控訴の連続に見舞われることになるだろう。

(英語記事 Johnson to appear in court over £350m claim

関連トピックス

この話題についてさらに読む