米R&B歌手のR.ケリー被告、11件の性犯罪で新たに訴追

R. Kelly leaves court in Chicago Image copyright AFP/Getty
Image caption 11件の性犯罪で新たに訴追された米R&B歌手のR.ケリー被告

アメリカ・イリノイ州クック郡の検察は30日、同国のR&B歌手、R.ケリー被告を13歳から16歳の未成年者に対する11件の性的暴行と虐待の罪で新たに訴追したと、米メディアが報じた。同被告は今年2月にも性的暴行と虐待の罪で訴追され、保釈されている。

R.ケリー被告は4件の加重性的暴行、2件の性的暴行、5件の加重性的虐待の罪に問われており、報道によると、6月6日に裁判所に出頭するよう命じられているという。

有罪だと禁錮6~30年の可能性

米紙シカゴ・トリビューンのメガン・クリポ氏は、新たな11件の罪のうち4件はイリノイ州における重罪区分で最も重いクラスXにあたり、有罪となった場合、6年から30年の禁錮刑が言い渡される可能性があるとツイートした。

裁判記録によると、今回の訴追は2010年に発生した事件に関するものだと、米紙シカゴ・サン・タイムズは報じている。

一方、弁護人のスティーヴ・グリーンバーグ弁護士はツイッターで、今回の訴追は新たな訴訟によるものではないと主張している。

「R.ケリー氏は、すでに訴追されている罪状で再び訴追された。被害を受けたと訴える同じ人物による、同じ時期(10年も前)のものだ。こんなことで何も変わらない。我々は同じ結果になると予想している」

2月の訴追

R.ケリー被告は今年2月、3人の未成年者を含む4人に対する、10件の加重性的虐待の罪で訴追された。無罪を主張し、保釈金を支払って保釈されている。

有罪判決を受けた場合、3年から7年の禁錮刑が言い渡される可能性がある。

数十人が被害訴え

数十人の女性が長年にわたり、被害を訴えてきた。今年1月に放送された、R.ケリー被告の性犯罪を告発するドキュメンタリー番組「サヴァイヴィング・R.ケリー」では、被害を訴える大勢の人々が証言した。R.ケリー被告はこれらの訴えを繰り返し否定していた。

刑事訴追に加え、性的虐待被害を訴える女性が民事訴訟を提訴。R.ケリー被告は今年4月、この裁判を無視して出廷せず、敗訴した。

(英語記事 R. Kelly facing 11 more sex crime charges

関連トピックス

この話題についてさらに読む