胎児の「心音」 聞こえたら中絶禁止 米ルイジアナで規制法成立

A protester holding a sign demanding protections for women's rights Image copyright AFP/Getty
Image caption 人工妊娠中絶の規制に対しては強い抗議の声が上がっている

アメリカ南部ルイジアナ州で30日、胎児の心音が確認された後は人工妊娠中絶を禁じるという、極めて厳しい中絶規制法が成立した。ジョン・ベル・エドワーズ知事(民主党)が同日、法案に署名した。

この通称「ハートビート(心音)法」により、同州では最も早くて妊娠6週で中絶ができなくなった。近親相姦や強姦による妊娠についても、この法律は適用される。

ほとんどの女性にとっては、妊娠に気づいた時にはすでに中絶ができなくなることから、実質的には中絶を禁止する効力を持っている。

ただ、この規正法が実際に発効するのはまだ先だ。ミシシッピー州で成立した同種の法律が現在、連邦裁判所によって差し止められている。今後それが解かれた場合に、今回のルイジアナ州法も発効する。

<関連記事>

民主党議員も賛成

同州議会は29日、この中絶規制法の法案を賛成79票、反対23票で可決していた。

賛成票を投じた議員には民主党議員も含まれている。民主党本部は中絶する権利の擁護を掲げており、賛成した議員たちは、同党本部の方針に背いた格好だ。

エドワーズ知事は、「賛成票を投じた超党派の圧倒的多数の議員たちに、一番気にかけられていない人のことを気にかけ、全員にさらなるチャンスを提供するような、よりよいルイジアナ州を一緒につくり続けていくことを望む」との声明を出した。

5州で中絶規制法が成立

アメリカではこのところ、中絶を制限する法律が相次いで成立している。ルイジアナ州は、ジョージア、ケンタッキー、オハイオ、ミシシッピーの各州に続き、ハートビート法を成立させた5番目の州となった。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【3分解説】 再燃したアメリカの中絶論争 目指すのは何か

ドナルド・トランプ大統領は、母体に危険が及ぶ場合と強姦、近親相姦による妊娠を除いて、中絶には反対との立場を表明している。

大統領就任後、トランプ氏は連邦最高裁の判事に保守派の2人を任命。全米の保守層には、中絶を女性の権利と定めた「ロー対ウェイド」判決(1973年)を覆す絶好のチャンスが到来したとみる向きが少なくないとされる。

規制する州で映画撮影しない

今回成立した規正法をめぐっては、ハリウッドのスターたちや製作会社も中絶規制に反対を表明。規正法を成立させた州に対するボイコットを宣言していた。

ディズニー、ネットフリックス、ワーナーメディアの各社は、そうした州での撮影などを考え直すとしている。

ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は、税制優遇措置のあるジョージア州で中絶法が成立すれば、同州での映画製作は「難しくなる」と話した。

大ヒットとなった「ブラックパンサー」や「アヴェンジャーズ エンドゲーム」などは、ジョージア州で撮影されている。

アイガーCEOは、中絶法が成立すれば「私たちと共に働く人々がジョージア州で働きたくなくなるだろう。その要望に耳を傾けなくてはならない」と話した。

(英語記事 Louisiana governor signs heartbeat abortion law

この話題についてさらに読む