ローマ法王庁、既婚男性の司祭任命を検討 人材不足で

A Catholic priests officiates a mass in north-eastern Bolivia. File photo Image copyright AFP/Getty Images
Image caption ローマ法王庁は、アマゾン地域は環境問題と司祭問題に直面しているとしている。写真はボリヴィア北西部でのミサの様子

キリスト教カトリックの総本山ローマ法王庁(ヴァチカン)が、年配の既婚男性を司祭に任命する案を検討していることが、BBCのマーティン・バシール宗教編集長の取材で分かった。南米アマゾンの遠隔地での司祭不足対策が目的という。

この問題は、2015年に法王フランシスコが発令した環境問題に関するローマ教皇回勅「ラウダート・シ」で触れられていた。法王はこの中で、アマゾン地域での問題について「教会や国家、すべての人々による構造的・個人的な変革が必要だ」と記している。

今年10月にはヴァチカンでアマゾン地域に関する教会会議が行われる予定で、「ラウダート・シ」は会議で取り上げる予定の議題を並べている。この会議にはブラジル、ボリヴィア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ヴェネズエラ、ギアナ、スリナム、フランス領ギアナから司教と先住民が集まるという。

各国の人口合計は3300万人。地球の水の5分の1と酸素の4分の1を供給し、3分の1以上の森林を有しているという。

ローマ法王庁は、アマゾン地域は環境問題と司祭問題を抱えているものの、教会が直接解決できるのは司祭不足だと述べている。

その上で「ラウダート・シ」は、司教会議や地元コミュニティーからの聞き取り調査の結果、10月の教会会議では、地域社会で尊敬されている年配の既婚男性を司祭に任命する可能性を考慮すべきだと提案した。

司祭不足を解決するには「人格者」が必要で、子供たちが成人した家庭を持つ、地元カトリック社会の名士であることが条件だという。

また、アマゾン地域では女性が果たせる「公的な教役者(司教、司祭、助祭を指す)」としての立場が何か必要だとの見解も示しているが、詳細は明らかにされていない。

Image copyright Reuters
Image caption 法王フランシスコは、教会の変革のために戦う改革者なのか

カトリック教会は1123年と1139年の第1回、第2回ラテラン公会議で司祭の婚姻を明確に禁止して以来、約1000年にわたり、司祭を禁欲独身男性に限ってきた。もしも10月の教会会議で、司祭の妻帯を認めることになれば、1000年ぶりの大変革となる。

婚姻を禁止した背景には、司祭の妻や子どもが相続権を主張できないようにして、司祭の財産を教会が取得するなどのメリットがあった。

禁欲の決まりが広く定着するには数世紀を要したが、次第に西洋のカトリック教会における規範となった。

10月の教会会議の最終日には参加者による投票が行われ、さまざまな議題が採決される。法王フランシスコはこの採決の結果を、会議に基づく「使徒的勧告」として公表するかを決める。

フランシスコ法王はカトリック教会を改革しようとしているのだろうかと、繰り返し議論されてきた。

2013年には同性愛について言及し、同性愛者を社会の片隅に追いやるのではなく、社会の一部として存在することの意義について話した。

法王はその際、「もしある人が同性愛者で、神を求めていて、良い心を持っているなら、私にその人を責めることができるだろうか」と述べている。

一部の革新派はこれを、法王がカトリック教会の教条を変えようとしている兆しではないかと受け取った。

法王はその後、同性愛行為は罪だというカトリック教会の立場を再確認する一方で、同性愛者であること自体は罪ではないと認めている。

<関連記事>

カトリック教会は2009年、イギリス国教会(聖公会)の既婚の司祭を聖職者として受け入れる異例の判断を行っている。しかし、この時は別の文脈が理由だった。

この時、聖公会は女性司祭の創設を考えており、これに反対した伝統派の司祭が、司祭を男性に限っているカトリック教会への入信を求めたのだ。

この時の判断が、アマゾン地域における司祭不足という喫緊の問題を議論しようという、根拠になっている。

ただし、フランシスコ法王は今年1月、既婚男性の叙階について聞かれた際、個人的には司教の資格変更には反対だと答えている。

(英語記事 Vatican considers married priests for Amazon region

この話題についてさらに読む