イラン、また核合意を破る ウラン濃縮の上限を「超過」

Behrouz Kamalvandi, left, Ali Rabiei, centre, and Abbas Araqchi, right, address the press Image copyright EPA
Image caption 核合意の上限を超えてウランを濃縮すると発表したイラン政府関係者

イランは7日、2015年の核合意の上限を超えて、ウラン濃縮度を引き上げると発表した。

核合意は、イランの核開発を制限する目的で、同国と欧米、中国、ロシアの間で結ばれた。しかし、アメリカは昨年5月、一方的に離脱し、イランへの経済制裁を再開。同国の経済は打撃を受けている。

離脱からちょうど1年後の今年5月、イランは残る中国、フランス、ドイツ、ロシア、イギリスの各国に、アメリカへの制裁解除の働きかけを要求。60日後をリミットとしていた。

60日後にも再び

その60日目に当たるこの日、イラン外務省のアッバス・アラグチ次官は記者会見で、数時間以内にウラン濃縮度を核合意で定められた3.67%を超すレベルまで引き上げると発表した。

また、今後も同国の要求が満たされなければ、再び60日後に、核合意のさらなる履行停止に踏み切る考えを明らかにした。

イラン政府の関係者はこれまで、ウラン濃縮度は5%近くまで上げられるとの見通しを述べている。同国ブシェールにある原子力発電所は、5%程度の「低濃縮」の燃料しか必要としないとされる。

一方、核兵器には濃縮度90%以上のウランが使われる。

Image copyright EPA
Image caption イランは濃縮済みウランについて、ブシェール原発の燃料として使われると説明している

イランはすでに、核合意の規定を上回る量の濃縮済みウランを貯蔵している。

「引き返せる」

イランは、核兵器開発の意図を強く否定している。

モハンマド・ジャヴァド・ザリフ外相は、イランの段階的措置は「引き返せる」と強調。ヨーロッパ各国の対応が条件だと述べている。

国際原子量機関(IAEA)の報道官は、「発表された進展について確認がとれ次第」、査察官らから本部に報告があると述べた。

<関連記事>

各国の反応は

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官はツイッターで、「イランの核開発の拡大は、さらなる孤立と制裁につながるだろう」と述べた。

一方、ヨーロッパ主要国は、以前から次の手を相談してきたとしている。

ドイツは「極めて憂慮している」と述べ、これ以上、核合意を危険にさらす行動を取らないよう求めた。

イギリス外務省の報道官は、イランは核合意を破ったものの、イギリスは「完全に(核合意を)遵守している」と説明。イランに対し、今回の措置を停止するよう求めた。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は前日、イランのハッサン・ロウハニ大統領と電話で意見を交換。核合意が廃棄された場合に起こり得ることについて「強い懸念」を伝えていた。

フランス政府は声明で、両首脳は「すべての関係国が対話を再開するための条件を、7月15日までに探る」ことで合意していたと述べた。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、イランの発表を、同国にとって「非常に、非常に危険な一歩」と表現。フランス、ドイツ、イギリスの各国に、イランへの制裁を繰り返し求めた。

BBCのジョナサン・マーカス防衛問題担当編集委員は、ヨーロッパの国々はイランとアメリカの板ばさみになっていて、打つ手がないと説明。核合意は消滅へ近づいているとみている。

(英語記事 Iran announces new breach of nuclear deal

関連トピックス

この話題についてさらに読む