ゲーム配信しながら妊娠中のパートナー暴行、豪ゲーマー有罪認める

Artwork for the game Fortnite Image copyright Getty Images

ゲーム動画を配信している最中に、妊娠中のパートナーに暴力を振るったとして逮捕されていた豪シドニー在住の男が8日、罪を認めた。

ルーク・ジェイムズ・ムンデー被告(26)は、人気ゲーム「フォートナイト」をプレイする様子を配信していた際にパートナーを暴行した。この動画を見た別のゲーマーが警察に通報し、ムンデー被告は昨年12月に逮捕された。

動画に実際の暴行は映されていなかったが、音声が入っていた。この動画はソーシャルメディアで拡散され話題となった。

ゲーム動画の配信サイト「Twitch」は、この事件の直後にムンデー被告のアカウントを削除している。

<関連記事>

ムンデー被告はピクトン地方裁判所での罪状認否で罪を認めた。ニュー・サウスウェールズ州の法律では、暴行罪は罰金か最大2年の禁錮刑が科せられる。

陳述書によると、被害者の女性がムンデー被告にゲームをやめて夕飯を食べるように言ったところ、暴行が始まった。被告が女性の顔を平手打ちし、その後に女性が被告にものを投げたところ、被告は女性を床に押し倒したという。

ムンデー被告は、「彼女を止めようと押さえつけただけだ」と警察に話していた。

暴行時、家の中には被告と女性の間の幼い子供2人がいたという。8月26日に量刑が言い渡される予定。

裁判ではまた、パートナーの女性がムンデー被告への暴行罪で訴追されたことも明らかになった。地元紙シドニー・モーニング・ヘラルドによると、被告はやかんで殴られて軽傷を負ったという。

(英語記事 Fortnite gamer pleads guilty to streamed assault

関連トピックス

この話題についてさらに読む