「京都アニメーション」に放火の疑い、死者33人に 

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
煙を上げる「京都アニメーション」

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日朝、放火とみられる火災が発生した。京都市消防局によると、同日夜までに33人の死亡が確認された。出火当時の建物内には約70人がいたという。

NHKなどによると、亡くなった33人のうち、男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明。さらに、35人が病院に搬送され、そのうち17人は重傷で、16人が入院して手当てを受けているという。

朝日新聞によると、現場近くで確保された男は手足にやけどを負い、重体。消防当局は、1階で2人、2階で11人、3階から屋上にかけて20人の遺体が発見されたと話しているという。

ほかにも複数の人が3階から脱出できなかった恐れがあると、消防当局はAFP通信に話した。

火災は午前10時半ごろ、発生した。41歳の男が京都アニメーションに侵入し、「死ね」などと言いながら、ガソリンのような液体をまいて火をつけたという。

現場から逃走した男は警察に身柄を確保され、自らも手足にけがを負っていたため病院に運ばれた。京都アニメーションのスタッフに追いかけられていたという情報もある。

現場から逃げて住宅街の路上で倒れた男が警官に確保される際、「パクリやがって」などと言ったという国内報道もある。

京都府警の広報担当はAFP通信に、「男が液体をまいてそれに火をつけた」と話した。

報道によると、警察は現場で複数の刃物を発見した。

NHKは、出火前に現場近くのガソリンスタンドでガソリン40リットルを購入した男がいたと伝えている。

Image copyright Reuters
Image caption 3階建ての「京都アニメーション」は、男の放火によって火災が発生したと見られている

NHKによると、京都アニメーションの八田英明社長は報道陣の取材に答え、「会社に対する抗議は日常的にとは言わないですが、少なくはなかった。特に死ねとか、殺人メールがあった」と明らかにした。また、捜査関係者によると、これまで京都アニメーションのウェブサイトに脅迫するような内容の書き込みがあり届け出を受けた警察が捜査していたと、NHKは伝えている。

安倍晋三首相は同日、ツイッターで「本日、京都で発生した放火殺人事件では、多数の死傷者が出ており、あまりの凄惨さに言葉を失います。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。負傷された皆様にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い回復をお祈りしています」と書いた。

Image copyright AFP
Image caption 火の鎮圧には5時間かかったという

現場近くにいた人たちは、連続して爆発音が聞こえたと話した。その後、毛布にくるまれた人たちが運び出されるのを見たという。

現場近くに住む女性は共同通信に、「髪の毛がこげた人が横になっていて、血の足跡があった」と話した。

別の目撃者は「赤い炎が立っている」のを見たと話した。

Image caption 京都アニメーションの位置

京都アニメーションは「京アニ」の愛称で知られ、「けいおん!」、「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」などの人気アニメ作品を制作している。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は動画配信サービスのネットフリックスによって、世界的に配信されていた。

同社はこのほか、アニメーターに出来高ではなく月給制で給与を支払うことで知られていた。日本のアニメーション業界では、アニメーターの報酬は枚数単価による出来高制のことが多いが、それは働く側の負担がきわめて大きいと言われている。

ソーシャルメディアでは、多くのアニメファンが「京アニ」に関連した画像を添付して、衝撃を語っている。

その中の1つは、「私たちの多くに純粋な楽しさと涙、それに忘れられない瞬間をくれた京都アニメーション・スタジオとそこで働くみなさんに願いと祈りを表明します。アーティストの方々がすぐ回復しますように」と記してある。

別の人は、「京都アニメーションの作品は大好き。今日はなおさらそう思う」と書いている。

海外からは日本アニメの海外配給を手がける米ロサンゼルス「センタイ・フィルムワークス」がオンライン募金「Help KyoAni Heal(京アニの回復を助けよう)」を立ち上げ、開始1時間で3万ドル(約320万円)弱、2時間で7万ドル(約750万円)以上、6時間で30万ドル(約3200万円)以上が集まった。

(英語記事 Twelve dead in suspected arson at Japan anime studio

関連トピックス