香港の駅襲撃、犯罪組織が関与か 警察の対応に非難 

Men in white T-shirts with poles are seen in Yuen Long after attacked anti-extradition bill demonstrators at a train station, in Hong Kong Image copyright Reuters

香港の元朗区で21日に棒を持った男たちが駅の利用者を襲った事件について、香港警察への批判が高まっている。

野党の議員からは、警察が動かなかったことで平和的に抗議デモに参加していた市民が襲われたと非難の声が挙がった。

白いTシャツ姿の男たらはマスクを付け、プラットホームや電車内にいる利用者を次々と攻撃。45人が負傷し、うち1人が重体となっている。この様子はソーシャルメディアで拡散された。

香港政府は批判に対し、この日は犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」の改正案に対する大規模な抗議デモが行われていたため、警官はそちらに対応していたと説明した。

駅を襲撃した男たちについては、香港を拠点とする「三合会」と呼ばれる犯罪組織のメンバーではないかとの憶測が流れている。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
白Tシャツの覆面集団、香港の地下鉄駅を襲撃 犯罪組織か

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官はこの事件は「ショッキングだった」と話す一方、この日の抗議デモで中国政府機関の建物が汚されたことを非難した。

<関連記事>

21日の抗議デモは香港の中心街で行われ、一部の参加者と警察が衝突し、催涙ガスやゴム弾などが使用された。

参加者らが中心部から帰ろうとした午後10時半ごろ(日本時間21日午後11時半ごろ)、中心部から離れたMTRの元朗駅を男たちが襲撃した。

Image copyright AFP
Image caption 駅で襲撃されたデモ参加者は病院で手当てを受けた

地元メディアによると、襲撃犯らは大半のデモ参加者が着ている黒い服の人物を標的にしていたという。

ジャーナリストのグウィネス・ホー氏は、スタンド・ニュースでの生中継中に襲撃された。ホー氏は現在、病院で手当てを受けている。

ホー氏の配信動画では、白いTシャツ姿の男たちが、持っている棒や傘で何度もしつこく抗議参加者を殴っている様子が映っている。

この現場を目撃したガリレオ・チェン氏(34)はBBCの取材で、ホー氏を助けようとしたチェン氏自身も、背中や腕を数回殴られたと話した。

また、香港記者協会は、襲撃現場にいた記者は機材を奪われたと発表している。

襲撃にあった民主派のラム・チュクティン議員は、警察の対応を非難すると共に、襲撃犯が犯罪組織とつながっている可能性があると指摘した。

「今の香港は、三合会が好き勝手をして、街にいる市民を武器で殴れるような場所なのか?」

同じく民主派のレイ・チャン議員はツイッターで、ラム・チュクティン議員が撮影した動画を公開。

「親政府派の男たちが元朗駅の電車の乗客を襲っている。香港は世界で最も人口1人当たりの警察官が多い場所の一つだ。香港警察はどこにいる?」と、警察の対応を批判した。

こうした批判に対し、香港警察の盧偉聡(スティーヴン・ロー)警察署長は、警官は反政府デモの参加者が起こした暴力行為に対処していたと説明した。

盧署長は「警察は人手不足だ」と述べた上で、警察と三合会が結託しているという疑惑は「中傷」だと反発。警察は襲撃犯を追っていると強調した。

香港警察は22日夜、元朗区で違法な集会を開いたとして男性6人を逮捕したと発表した。

デモに次ぐデモ

香港では、「逃亡犯条例」の改正案が通った場合、中国政府による香港統治が迫り、香港の自治性が維持されなくなるのではないかという懸念から数週間にわたって大規模な抗議デモが続いている。

香港政府は6月半ばに改正案の審議停止を決めたものの、民主化を求める声や、自由が侵食されていくことへの不安が高まり、政情は不安定だ。

21日の反政府デモには主催者発表で43万人以上、警察発表で13万8000人が参加した。

抗議デモのほとんどは平和的に進められるが、この日は一部の抗議者が中国政府の出先機関の建物に落書きをするなどし、警察が催涙ガスやゴム弾で排除に乗り出した。

林鄭行政長官はこの「過激派のデモ参加者」による損壊行為を非難。「悪意」のある行動で、「国の主権への挑戦」だと述べた。

20日には、一連の民主派デモに反対し警察を支持するデモが行われた。警察発表で10万3000人、主催者発表では30万人以上が参加したという。

香港はかつて、150年以上にわたってイギリスの植民地だったが、1997年に、「一国二制度」の下に中国に返還された。そのため、返還から50年は「外交と国防問題以外では高い自治性を維持する」ことになった。

香港市民には、言論の自由や表現の自由など、中国本土ではみられないような権利が保障されている。

(英語記事 Hong Kong police criticised over mob violence

この話題についてさらに読む