韓国機、竹島上空でロシア機に360発の警告射撃 日本は韓ロに抗議

A South Korean F-15 fighter jet Image copyright Getty Images
Image caption 韓国軍はF-15戦闘機を緊急発進させ、ロシア軍機を警告したという

韓国国防省は23日、軍用機が同国領空に侵入したロシア偵察機に対し、警告弾を発射したと明らかにした。独島(日本名・竹島)上空で起きたとされ、日本政府は韓国・ロシア両国に抗議した。

同省によると、ロシア機はこの日午前9時ごろから、独島(日本名・竹島)上空の韓国領空に2回侵入した。独島は韓国が実効支配しているが、日本も領有権を主張している。

領空侵犯を受け、韓国軍の戦闘機F-15とF-16が緊急発進し、機関銃360発を発射したという。

ロシアは領空侵犯を否定

一方、ロシア側は領空侵犯を否定。軍の爆撃機2機が予定通り「公海」上空で訓練飛行をしたとし、韓国機から警告射撃は受けていないとした。

ロシアと韓国の間で、こうした事案が発生したのは初めて。

ロシア機と中国機が侵入か

韓国軍によると、23日朝にロシア機が3回、中国の軍用機が2回、韓国の防空識別圏(KADIZ)に入った。

ロシアのTu-95爆撃機2機と、A-50偵察機、中国のH-6爆撃機2機が、一団となって飛行していたという。

ロシアと中国の爆撃機および偵察機は近年、KADIZに入り込んでいる。韓国側によると、同日朝にロシアのA-50偵察機がKADIZで飛行したという。

KADIZに入る航空機は、事前に通告しなければならない。

Image caption 韓国は今回の事案が独島(日本名・竹島、Dokdo/Takeshima)上空で発生したと説明している

韓国軍によると、ロシア機の1回目の領空心配の際に、韓国機は信号弾を10発、機関銃を80発発射した。

ロシア機はいったん飛び去ったが、再び戻って来た。韓国機はさらに信号弾を10発、機関銃を280発発射した。

ロシア側は声明で、爆撃機2機に触れたが、偵察機の飛行については特に言及していない。

関係国の反応は?

韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は、ロシア安全保障会議に対し、強い抗議を表明し、適切な対応を取るよう求めた。

大統領府によると、鄭氏は「この状況を深く憂慮しており、もし繰り返されたら、さらに強い行動に出る」と述べたという。

一方、日本政府は韓国とロシアに抗議した。菅義偉官房長官は記者会見で、「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らして到底受け入れられず、韓国軍用機が警告射撃を行ったのは極めて遺憾だ」と述べた。

ロイター通信によると、中国は韓国の防空識別圏について領空ではないと認識しており、どの国の航空機も飛行可能だと主張しているという。

BBCのローラ・ビッカー・ソウル特派員は、ロシアと中国が共同で訓練をしていたと思われることは注目に値すると指摘。今回の事案は、韓国が近年、中国機による領空侵犯に神経をとがらせている中で起きたと伝えた。

また、今回の事案は、韓国が北東アジア地域でどれほど孤立する恐れがあるかを示すと同時に、同国が挑発に対しては防衛行動を取ることも見せつけたと解説した。

(英語記事 S Korea fires warning shots at Russian aircraft

関連トピックス

この話題についてさらに読む