ツイッターとFB、香港デモ妨害の「中国関連」アカウントを削除

デイヴ・リー、北米テクノロジー担当記者

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
香港で大規模デモ、平和的に行進

米ツイッターとフェイスブックは19日、香港で続く反政府デモを妨害する目的で情報操作に使用されていた、中国政府とつながりのあるアカウントを削除したとそれぞれ発表した。両社は、中国政府の企てを阻止するための措置だとしている。

ツイッターによると、「香港での政治不和を生む」ために利用されていた936のアカウントを削除したという。これらのアカウントは、中国本土で作成されたもので、「抗議行動の正当性や政治的立場」を弱体化するための組織的な試みの一端だとしている。

さらに、虚偽情報を増大させるために作成された、20万もの別のアカウントについて、「かなり活発」になる前に、「先を見越して」凍結したという。

同社は声明で、「わが社の徹底的な調査に基づき、中国政府が支援する組織的な活動であることを示す、信頼できる証拠がある」としている。

「具体的に言うと、香港での抗議行動に関連したメッセージを拡大させるために組織的に活動する、大規模なアカウントの集合体を突き止めた。こうしたネットワークから学びながら、そして公の会話の場を提供するために、積極的にわが社の方針を強化しながら、わが社は警戒を続けていく」

中国政府とのつながりを確認

一方、フェイスブックは、7つのページ、3つのグループ、5つのアカウントを削除したという。同社サイバーセキュリティー対策部門の責任者ナサニエル・グライシャー氏は、削除したページなどについて、「頻繁に政治ニュースや、香港で続いている抗議行動などの問題について投稿していた」と説明した。

「こうした活動の背後にいる人物は、自分たちの身元を隠そうとしていた。しかしわが社の調査で、中国政府と関わりを持つ複数の個人とのつながりを確認した」

Image copyright Reuters
Image caption 道路標識で即席のバリケードをつくる抗議者

今回のアカウント削除の措置に先立ち、ツイッターは、同社のスポンサー投稿権の購入を、中国国営・新華社通信に認めたことをめぐり、激しい批判にさらされていた。ツイッターは19日、今後はこうした広告は認めないとする声明を発表し、事態の収束を図った。

「今後は、国の統制下にあるニュースメディア組織からの広告は受け付けない」

一方で、「独立した公共放送といった、税金で賄われている組織」については、この新方針は適用されないとしている。

抗議の内容

香港では、今年3月に発表された、犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改定案をめぐり、何千もの香港人が抗議を続けている。

「逃亡犯条例」の改定案については、中国政府が香港統治の姿勢を強め、香港の自治性が維持されなくなるのではないかとの懸念や、中国政府を批判した者を標的にするために利用されるといった恐れが指摘されている。

一連の大規模デモを受け、立法会(議会)での審議は中断されたものの、抗議行動は続いている。いまや、民主改革や、デモ中に起きたとされる警察による暴力に関する調査を求める、より大規模な抗議へと変質している。

今月13日のデモ参加者による香港国際空港での座り込みでは、警察との衝突や、数百便の欠航を引き起こした。

主催者側は、18日に行なわれた、最新の大規模集会について、170万人が参加したと発表した。一方で、公式に実施が認められていた抗議行動の参加者のみを数えていた警察側は、主催者発表よりずっと少ない12万8000人だったとしている。

香港国際空港での混乱を受け、中国政府は批判の論調を強めており、座り込みは「テロに近い行為」だと非難している。

(英語記事 Twitter and Facebook block HK misinformation

この話題についてさらに読む