アマゾン森林火災は「国際的危機」、マクロン仏大統領が警告

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
アマゾンの森林火災、熱による「負の連鎖」も

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は22日、アマゾンの熱帯雨林で多発している森林火災は「国際的危機」だと警告し、同国で開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)の最重要課題にすべきだと主張した。

マクロン氏はツイッターに、「私たちの家が燃えている」と投稿した。

これに対しブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、マクロン氏が「政治的利益」のためにこの問題を利用していると批判。また、ブラジルの参加しないG7で森林火災問題を取り上げるのは「見当違いの植民地主義的思考」だと述べた。

ブラジル国立宇宙研究所(INPE)の人工衛星データによると、同国ではアマゾン地域を中心に、森林火災の発生件数が2018年の同時期と比べて85%増加している。

環境保護活動家は、ボルソナロ政権が農家などに放牧地獲得のために森林に火をつけることを奨励したことが今回のアマゾンの危機の原因だと非難している。

一方のボルソナロ氏は、NGO(非政府組織)が火をつけたと主張しているが、これについての証拠は持っていないと認めている。ロイター通信によると、ボルソナロ氏は22日、アマゾン地域の農家が関係しているのではないかとコメントした。

世界最大の熱帯雨林を擁するアマゾン地域は、二酸化炭素を吸収するため、地球温暖化の緩和に大事な要となっている。

アマゾンは「地球の肺」

マクロン氏はG7サミットに先立ち、アマゾンの状態は国際的な懸念事項だと発言した。

ツイッターでは森から炎が立ち上る写真と共に、「私たちの家が燃えている。言葉通りの意味で。地球の酸素の20%を作り出す肺に火がついている。これは国際的危機だ。G7サミットの参加国の皆さん、2日後にはまずこの緊急事態について話し合いましょう!」と協議を呼びかけた。

国連のアントニオ・グテレス事務総長も、アマゾンでの火災を「深く懸念している」とツイートした。

「地球温暖化の危機にある中、これ以上、酸素と生物多様性の源へのダメージを受ける余裕はない。アマゾンは守られなければならない」

ボルソナロ氏の主張は? 火災への対応は?

マクロン氏の発言に対しボルソナロ大統領は、ブラジルの国内問題を「個人的な政治的利益」に使っていると批判した。

火災については、「客観的なデータとお互いへの尊重」があれば協議に応じるとしたものの、G7サミットでの協議には苦言を呈した。

「アマゾンの問題を、その地域の国抜きでG7で協議するというフランスの大統領の対案は、誤った植民地主義的な思考を想起させるもので、21世紀にふさわしくない」

ボルソナロ氏はまた、ブラジルは今回の火災に対処する手段を持っていないと説明した。22日に大統領公邸から立ち去る際に記者団に対し、「アマゾンは欧州より広い。どうやってそんな広大な地域での犯罪的火災に立ち向かうんだ?」と話した。

ボルソナロ氏は、環境団体への政府補助金を削減したことへの腹いせに、NGOがアマゾンで放火している可能性を示唆している。

22日に火災の責任の所在について聞かれたボルソナロ氏は、「誰を責めてほしいのか? インディオか、それとも火星人か?(中略)みんながあやしいが、一番あやしいのはNGOだ」と答えた。

一方、証拠はあるのかとの質問には、「自分がNGOを直接責めたか? ただあやしいと言っただけだ」と述べた。

さらに、INPEによる森林火災の最新データを軽視したことが火災増加につながったとする懸念についても怒りをあらわにした。

ボルソナロ大統領は、今は「ケイマダ」と呼ばれる焼き畑の季節だと主張している。しかしINPEは、今年の森林火災件数は通常の乾季に報告される水準を超えていると指摘している。

INPEは7月、6月のアマゾンでの森林減少が前年同月比で88%増加したとのデータを発表した。

これに対しボルソナロ氏は、INPEのリカルド・ガルヴァン所長がうそをつき、政府に損害を与えようとしていると非難。ガルヴァン所長は解任させられた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
アマゾン熱帯雨林で火災相次ぐ 大統領はNGO批判も証拠示さず

ボルソナロ氏への批判

気候変動や環境保護の活動家らは、ボルソナロ政権とその政策が環境保護よりも開発を重視していると非難している。

科学者からは、ボルソナロ氏が就任した1月以降、アマゾンの森林減少が大きく加速したとの指摘がある。

INPEの人工衛星データによると、今年1~8月21日の間に7万5000件以上の森林火災が発生。昨年の同期間の4万件を大きく上回っており、さらに批判が高まった。

人工衛星の映像では、北部ロライマ州が黒煙に覆われている。これを受け、ツイッターでは「#prayforamazonia(アマゾニアに祈りを)」というハッシュタグがトレンドになっている。

一方、アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、アマゾン盆地全体の森林火災は平均をわずかに下回っているという。

アマゾン地域には300万種もの動植物が生息し、100万人の先住民族が暮らしている。

<分析>ブラジルの否定はいつものこと ――ダニエル・ギャラス、BBCニュース(サンパウロ)

ブラジルの歴代大統領は代々、アマゾンに関する濃く最低な懸念を突っぱねてきた。

ボルソナロ氏の前任者たちも、国際NGOや欧州首脳の意見を、内政干渉だと却下してきた。

しかしボルソナロ氏は、森林火災の拡大の責任は、政権を破壊しようとするNGOにあるという新しい持論を持ち出してきた。

ブラジル国外の人にとっては衝撃的な発言だったが、国内の支持者には真実として響いている。ボルソナロ氏の国内人気は今も高い。

ただし意外なことに、ブラジル農家から出ている非難の声が、議論に影響を与えるかもしれない。

森林火災はアマゾン地域での農業を促進する。農家もその政策を支持するだろうと思うかもしれないが、ブラジル農業界の有力者の間には、ボルソナロ氏がブラジルの対外イメージを損なうことで、大豆や牛肉の輸出に影響が出るのではないかという懸念が出ている。

一部の農家はすでに、政府に論調を変えるよう求めている。彼らの声には、ボルソナロ大統領も耳を傾けるかもしれない。

(英語記事 Amazon fires an 'international crisis', says Macron

この話題についてさらに読む