タイタニック号の崩壊進む、14年ぶりに撮影
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

タイタニック号の崩壊進む、14年ぶりに撮影

深海探検家の国際チームが、14年ぶりに大西洋に沈むタイタニック号を調査した。

その結果、海底3800メートル地点に沈むタイタニック号で、腐食が進んでいることがわかった。

船窓の窓ガラスなどがきれいに残っている一方、ファンに人気だった船長のバスタブは失われ、船体の損壊も加速している。