EU離脱協定は「きわどい状況」 ジョンソン英首相、G7でも国境問題を強調

Boris Johnson Image copyright Reuters

ボリス・ジョンソン英首相は25日、イギリスの欧州連合(EU)離脱について、新たな協定を締結できるか「きわどい状況」にあると話した。ジョンソン氏は以前、合意のないブレグジット(イギリスのEU離脱)になる確率は「百万分の一」だと話していた。

ジョンソン氏はこの日、フランス・ビアリッツで24日から2日間にわたって開催されていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)に参加した。BBCの取材に対しジョンソン氏は、「すべてはEUの友人・パートナーたち次第だ」と話した。

どれくらいの確率かという質問に対しては、「きわどい状況になっていると思うが、重要なのは合意なし離脱に備えることだ」と語った。

一方、サミットに参加した欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(大統領に相当)は、EU離脱の焦点となっているアイルランドと北アイルランドの国境をめぐる「バックストップ条項」について、EUは代替案に前向きだと述べた。

BBCのカティヤ・アドラー欧州編集長によると、25日に行われたトゥスク氏とジョンソン氏の会談は「とても前向きな雰囲気」だったという。ただし、バックストップの代替案は「現実的で」、「すぐに運営可能」なものでなくてはならないと強調した。

トゥスク氏はこの会談について、EU側は「状況を打破する新しい要素」を期待していたが、「主にこれまでの立場の再確認だった」と述べている。

Image copyright Getty Images
Image caption 欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(左)とボリス・ジョンソン英首相(25日、仏ビアリッツ)

バックストップとは、イギリスとEUとの間で通商協定がまとまらない場合に、北アイルランドとアイルランドの国境に厳格な検問所等を設置しないための措置。ただしバックストップでは、北アイルランドはブレグジット後もEU単一市場の一部ルールに従うことになるため、離脱後もイギリスがEU法に縛られる懸念が生じている。

ジョンソン首相はバックストップを削除した新しい協定を求めているが、EU側は再交渉はしないという従来の姿勢を変えていない。このため、合意なしブレグジットの懸念が高まっている。

トゥスク氏とジョンソン氏は24日にも、どちらが合意なし離脱に責任がある「ミスター・ノー・ディール(Mr No Deal)」なのかで議論を戦わせた。

<関連記事>

合意なしで医薬品は

イギリスは3月29日にEUを離脱する予定だったが、英下院が離脱協定を3度にわたって否決したため、10月31日まで延期となった。

ジョンソン首相は10月31日には「合意のあるなしに関わらず」離脱を決行するとしている一方、合意なしになる確率は「百万分の一」だと話していた。

先には合意なし離脱となった場合、イギリス国内では食料品や医薬品が不足する可能性があるとする政府内資料が流出している。

BBCの取材で、合意なしブレグジットでもイギリス国民は医薬品を手に入れられるのかという質問に対しジョンソン氏は、「それは我々が確実に保証できることだ」と述べた。

その上で、「現時点では、予期できない困難がないとは言いたくない」と語った。

G7でもバックストップ削除を強調

ジョンソン首相は25日のG7サミットでも、テリーザ・メイ前首相がまとめたEU離脱協定から、バックストップを削除すべきだという考えを強調した。

ジョンソン氏は「ここ数日で、EUやその他の欧州諸国の間に、何がイギリスにとって問題になっているかという気づきが生まれているように思う」と述べた。また、自分は「楽観主義者」で、EUが「合意にこぎ付ける機会」があると分かってくれるはずだと話した。

一方で、合意なしブレグジットとなった場合、メイ氏の協定に含まれる390億ポンド(約5兆円)の清算金の「大部分」を保持すると述べた。

Image copyright Reuters
Image caption ジョンソン英首相(手前)はフランス・ビアリッツで開催されたG7サミットに出席し、ブレグジットについても意見を交わした

バックストップをめぐっては21日、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がジョンソン氏と会談した際、30日以内に代替案を策定できるだろうとの見方を示した。

一方フランスのエマニュエル・マクロン大統領は22日、政治的安定とEUの単一市場を守るためにはバックストップは「削除できない」条項だと述べている。

ジョンソン首相は25日、ドナルド・トランプ米大統領と会談し、英米通商協定について話し合った。

アメリカは1年以内に通商協定を締結する目標を掲げているが、ジョンソン氏はこれについて「切迫したスケジュールになる」と話した。

Image copyright Reuters
Image caption 一対一で会談した米英両首脳(25日、仏ビアリッツ)

(英語記事 A Brexit deal is now 'touch and go', says Johnson

この話題についてさらに読む