あなたは楽観的? だったら長生きしやすい=米研究

Monty Python in The Life of Brian Image copyright Getty Images
Image caption モンティ・パイソンが言っていたとおりなのかも

イギリスの伝説的コメディグループ、モンティ・パイソンは正しかったようだ。彼らが「いつも人生の明るい面を見よう」と歌ったとおり、楽天家は長生きするとの研究結果がこのほど、アメリカで出た。

研究は、米ボストン大学医学部(大学院)のルウィナ・リー准教授(精神医学)らが取り組んだ。

その結果、楽観的な人は、85歳以上まで長生きする確率が高いことがわかったという。

楽観思考の持ち主は、感情のコントロールが上手で、ストレスの悪影響を受けにくいのが理由だとしている。

楽観度が高いほど…

研究では、2つの異なる健康調査に協力した集団のデータを分析した。1つは看護師7万人で、もう1つは退役軍人1500人だ。

各人について、全般的な健康状態と「楽観度」を評価。運動量や食事、喫煙、飲酒の習慣についても調査した。

すると、楽観度が最も高いグループは、寿命が平均より11~15%長かった。また、楽観度が最も低いグループと比べると、85歳まで生きる確率がかなり高かった。

考え方次第の面も

病気や短命の原因については多くが判明している一方、健康長寿につながる「前向きな精神要因」に関してはあまり分かっていない。

リー准教授は、「研究結果からは、楽観度を上げることで、長生きと健康な老いを促進できるかもしれないことがわかる」と述べ、具体的な方法の一例を紹介する。

「すべてがうまく行く将来を頭に描いたり、集中的に認知行動療法を受けたりする。それによって楽観度をアップできることが、不特定集団の実験からうかがえる」

ただ、なぜ楽観的な人は長生きしやすいのかは、議論の分かれるところだという。

「今回の研究からは、行動が健康的で、うつの度合いが低いことしかわかっていない。初期段階にある他の研究によれば、楽天家には目標があり、そこに到達する自信をもっている人や、問題解決が上手な人が多い。また、ストレスのかかる状況での感情の制御が、より上手なのかもしれない」

大事なのはストレス対応力か

英ブリストル大学のブルース・フッド教授(発達心理学)は、今回の研究結果について、これまでの楽観思考に関する研究に合致すると話す。

「楽天家はストレスとの付き合い方がうまい」、「ストレスは免疫システムに影響する。楽天家が感染症に強いのは、そういう理由かもしれない」

「染色体末端を保護する役割の『テロメア』は、細胞の老化や心臓病、糖尿病、がんのリスクと結び付けられているが、短いテロメアとストレスの関連を指摘する研究もいくつかある」

(英語記事 Looking on the bright side 'means you live longer'

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません