香港デモで 「MeToo」 集会  警官隊による性暴力に抗議

Protester holding up signs 'stop Hong Kong police's use of sexual violence' Image copyright iStock
Image caption 警官隊がデモ参加者を脅す手段として性暴力を用いていると訴える女性たち

香港の反政府デモで、警官隊による性暴力が横行しているとして、市民約3万人(主催者発表)が28日、抗議集会を開き、警察に抗議した。

この抗議集会は、性暴力やセクハラの被害者を支援する「#MeToo(私も)」運動のイベントとして開かれた。

参加者はこの日、警察から不当な扱いを受けたと主張した。

香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、警察から不必要な身体検査を受けたと訴え、泣き崩れた女性もいたという。

下着を露わにされ「娼婦だ」

別の女性は、警察に引きずられた際に、下着が露わになった。そのうえ、警察から娼婦と呼ばれ、侮辱されたと訴えた。

複数の報道によると、この女性は、「私は、ワンピースを着ているので歩かせてほしいと警察に頼んだ。しかし、当然のことながら、聞こえないふりをしていた。あの夜、何が起きたのかを話すのは恥ずかしくない。私はどんな過ちも犯していないので。私は意志薄弱ではない。哀れんでもらう必要はない」と述べた。

「正式な苦情は届いていない」

警察は、映像を分析した限り、女性の訴えを裏付けるものは映っていないと反論している。また、デモ参加者たちを拘束する際も人権を尊重しており、警察に正式な苦情は寄せられていないとしている。

地元メディアによると、この抗議集会への参加人数について、主催者側は約3万人、警察側は1万1500人だとした。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
香港の警察官、デモ参加者に銃向ける

反政府デモは、しばしば警官隊とデモ隊の間で暴力的な衝突に発展しており、双方に負傷者が出ている。

警官隊が催涙ガスやゴム弾で鎮圧を図る一方、一部のデモ隊は、れんがや火炎瓶などを投げて抵抗している。

警察は28日、抗議行動が始まってからの逮捕者数は900人に上ったと発表した。

デモ隊は、警察による残虐行為を繰り返し非難しており、こうした行為について独立した調査を求めている。

Image copyright AFP
Image caption 「声に出せ、強くあれ」と書かれたボードを手にするデモ参加者。警察は、権力濫用とのデモ隊側の批判を否定している

キャセイ・パシフィック航空への抗議

香港労働組合連盟(HKCTU)が主催した別の抗議行動には、数百人が集結。反政府デモに参加したり、支持したりした従業員を解雇したとして、キャセイ・パシフィック航空を非難した。

複数のキャセイ・パシフィック航空の従業員は、BBCに対し、恐怖を感じていると心境を明かしている。

同社を退社した、元操縦士で立法会(議会)議員のジェレミー・タム氏は、「キャセイパシフィックが恐怖で包まれているのを感じる」と述べた。

反政府デモに発展

香港では今年6月、犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」の改定案をめぐり、廃案を求める抗議行動が始まった。現在、改定案の審議は中断されている。

今月12日から続いた、香港国際空港でのデモ隊による座り込みでは、数百便が欠航となった。

抗議の規模は拡大し、大規模な反政府デモへと変質している。

中国政府はデモ隊を繰り返し非難している。デモについては「テロに近い行為」だと主張している。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
香港抗議で警察が初めて実弾発砲の瞬間 デモ開始以来初めて

香港駐留部隊を交代

中国の軍当局は29日、香港駐留部隊を交代した。国営メディアは、毎年恒例の定期交代だとしている。

中国国営・新華社通信は、香港に到着する複数の装甲人員運搬車や装甲トラック、小型の軍艦の写真を掲載した。

Image copyright Reuters
Image caption 道路標識で即席のバリケードをつくる抗議者

(英語記事 Hong Kong protesters in MeToo rally against police

関連トピックス

この話題についてさらに読む