【全米テニス】 大坂、2回戦順当勝ち 次はガウフと対戦

全米オープン女子シングルス2回戦でポーランドのリネットを下した大坂なおみ(29日、ニューヨーク・フラッシング) Image copyright Reuters
Image caption 全米オープン女子シングルス2回戦でポーランドのリネットを下した大坂なおみ(29日、ニューヨーク・フラッシング)

テニスの全米オープンは29日、女子シングルス2回戦があり、連覇を狙う世界1位の大坂なおみが世界53位のマグダ・リネッテ(ポーランド)を6-2、6-4で退け、3回戦に進んだ。

大坂は次の3回戦で、アメリカの新星コリ・ガウフ(15)と対戦する。

ガウフは、世界140位だが、主催者推薦で全米オープンに初出場している。7月のウィンブルドンでは「憧れ」だったという元世界1位のヴィーナス・ウィリアムズ(アメリカ)を撃破。ベスト16にまで進出して話題となった。

Image copyright Reuters
Image caption 全米オープン初出場のコリ・ガウフ

5ゲーム連取で逆転

この試合、大坂は第1セットを、リネッテに1度もブレークを許さず先取。

第2セットは0-3とリードを許したが、そこから5ゲームを連取し、最後は自分のサービスゲームをキープして勝利した。

<関連記事>

ハレプ、クビトバが敗退

Image copyright Getty Images
Image caption 2回戦で姿を消した第6シードのペトラ・クビトバ(チェコ)

この日の女子シングルスでは、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と、第6シードのペトラ・クビトバ(チェコ)が敗れる波乱があった。

(英語記事 Sixth seed Kvitova out of US Open

関連トピックス

この話題についてさらに読む