英ハリー王子、ジェット機多用を弁解 「家族の安全」のためと

The Duke of Sussex. Image copyright Getty Images
Image caption ハリー王子は、イベントが開かれたアムステルダムへは民間機で移動したと述べた

環境問題の重要性を訴えながら小型ジェット機での移動を繰り返し、英メディアで批判を浴びたハリー王子が3日、「家族の安全」を理由に挙げて弁明した。

サセックス公爵ハリー王子と妻のメガン妃は先月、11日間で4回、小型ジェット機で移動を繰り返したと英メディアで報じられた

小型ジェット機は乗客が少ないため、乗客1人当たりの燃料の消費量は、一般の旅客機よりずっと多い。

<関連記事>

「99%は民間機」

ハリー王子はこの日、オランダ・アムステルダムで開かれたエコツーリズム(環境保全に特化した観光)のプロジェクトの開始を祝う式典で、ジェット機の使用について質問を受けた。

「ここには民間機で来た。私は99%の場合で民間機を使いながら世界中を旅している」と述べ、こう続けた。

「時々、特殊な状況のもと、私の家族の安全を確保する必要が生じる。たいていは、単にそれだけだ」

式典のスピーチでは、自身が環境に及ぼしている影響について、「完全な人はいない」と語った。

炭素排出を埋め合わせ

ハリー王子はまた、大事なのは、環境への負荷と「どうバランスを取るかだ」と発言。ジェット機使用によって炭素を排出したときには、それに見合う金額を環境保護プロジェクトに支払って「埋め合わせ」をしてきたと説明し、今後も続けると表明した。

「私の考えでは、そうするのは正しいことだし、かっこいいことにしなくてはならない」

「そうした小額のお金が実際にどう使われているかに、人々の関心を向ける必要がある」

エルトン・ジョン氏が擁護

ハリー王子夫妻に批判が向けられる原因となった小型ジェット機による移動には、フランス南東部ニースにある、英人気歌手サー・エルトン・ジョン氏の私邸も含まれていた。

これについてエルトン・ジョン氏は、「必要性が高い高度の安全を保つ」ために、自身の小型ジェット機での移動を提供したと説明し、夫妻を擁護していた。

Image copyright Press Association
Image caption エルトン・ジョン氏はハリー王子とメガン妃の結婚式で演奏した

今年6月に公表された統計によると、王室の公務の移動に伴う炭素排出量は、前年に比べて2倍に増えている。

これは、チャーター機を使った外国訪問が増えたためとされる。外国訪問は外務省が予定を立てる。

ただ、王室はこのところ、環境にやさしい暖房と照明に努めており、それを勘案すると、炭素排出量は前年とほぼ同程度になるとされる。

(英語記事 Harry: 'I fly privately to keep my family safe'

関連トピックス

この話題についてさらに読む