73歳女性が双子を出産 不妊治療経て初産=インド

Mangayamma Yaramati
Image caption 73歳で双子を無事出産したマンガヤマ・ヤラマティさん

インドで5日、73歳の女性が双子の女の子の赤ちゃんを出産した。82歳の夫との間でなかなか子宝に恵まれなかったが、体外受精(IVF)を経て、ついに第1子を迎えた。

母親となったのは、南部アンドラプラデシュ州のマンガヤマ・ヤラマティさん。

「(不妊治療に)何度もチャレンジし、何人もの医師と出会った。それだけに、いまが人生で一番幸せ」と、出産後の心境を語った。

出産は帝王切開によって行われたという。担当医師は、「母子ともに順調」とBBCテルグ語に語った。

82歳の夫が心臓発作

ヤラマティさんはこれまで、子どもがいないことで、住まいのある地域や村で汚名を着せられたり、近所の集まりに入れてもらえないことがたびたびあったと話す。

「よく『子なし婦人』と呼ばれました」

夫のシタラマ・ラジャラオさんによると、体外受精を始めて、2カ月がたたないうちに妻の妊娠がわかったという。

「私たちは、この上なく幸せだ」と、ラジャラオさんは喜びを語った。

ただ気がかりなことに、双子誕生の翌日、ラジャラオさんが心臓発作に見舞われた。現在、病院に入院中だ。

インドでは2016年にも、70代の女性ダルジンダー・コーさんが男の子を出産して話題になった。

(英語記事 Indian woman, 73, gives birth to twin girls

関連トピックス

この話題についてさらに読む