月経管理アプリ、「ユーザーの性生活」をフェイスブックと共有

ジェイン・ウェイクフィールド、テクノロジー記者

Woman with calendar Image copyright Getty Images
Image caption 月経管理アプリは、ユーザーの生殖能力を追跡している

複数の月経管理アプリが、ユーザーがいつセックスをしたのかなどの極めてプライベートな情報を、明確な同意なしにフェイスブックと共有していたことが、啓蒙団体「プライバシー・インターナショナル」(PI)の調査で明らかになった。

具体的にどういった情報がフェイスブックと共有されてきたのか、PIが様々な月経管理アプリを対象に調査したところ、避妊方法や月経予定日、月経前症候群といった内容が含まれていた。

調査開始以降、あるアプリ会社は個人情報保護方針を変更したと述べた。

<関連記事>

月経管理アプリは、一般的な健康状態からやセックスに関する情報、心理状況、飲食物、さらには使用している生理用品といった、最も個人的な情報をユーザーから収集する。

そうすることで、アプリはユーザーに対し、妊娠しやすい時期や、次の月経開始予定日を知らせる。

Image copyright PI
Image caption PIが公開した、フェイスブックから見た個人情報。「目的:妊娠」などといった情報が、広告主へ提供される可能性がある

こうしたユーザーの情報は、フェイスブックのコアSDK(ソフトウェア開発キット)を通じて共有される。

広告主は同社SDKを使用することで、個々のアプリユーザーに適した広告を提供し、アプリ側は広告収入を得ることができる。

PIによると、「Period Tracker(生理カレンダ)」「Flo Period Tracker(Flo生理管理アプリ)」「Clue生理トラッカー・カレンダー(Clue Period Tracker)」といった主要な月経管理アプリでは、フェイスブックへの情報共有は行われていなかったという。

500万人アプリが個人情報を共有

一方、Google Playで500万ダウンロードを記録した「Maya by Plackal Tech(マヤ-月経期間を記録)」や、100万ダウンロードを記録した「MIA by Mobapp Development Limited」、100万ダウンロードを突破した「My Period Tracker by Linchpin Health」といった他のアプリは、ユーザー情報を共有していたという。

PIは、「われわれが調べた様々なアプリが、世界中にいる数百万のユーザーの私生活に関する個人情報を、たとえばユーザーの健康状態や性生活について、ユーザとの明確な同意なしに、フェイスブックやサードパーティと共有していた可能性がある」としている。

「早急に変更を加える」

PIの調査報告によると、「Maya by Plackal Tech」側は、「フェイスブックのコアSDKとアナリティクスSDKの両方を削除した」としたうえで、早急に変更を加える方針だと回答した。

「Maya」は、利用規約と個人情報保護方針に同意したユーザーに対し、今後もフェイスブックの広告SDKを使用していく方針だが、「個人が特定される情報や、医療データ」については共有しないとしている。

「事前に利用規約を知らせている」

BBCに宛てた声明で、「Maya」は、「Mayaが入手するすべての情報は、アプリが適切に機能する上で必須のものだ。月経周期に関する情報を予測することは複雑だ。ユーザーは、Mayaに登録する前に、利用規約と個人情報保護方針について知らされている。登録後は、ユーザーは自分の情報を提供することも、好きなときにアカウントを削除することもできる」と述べた。

「My Period Tracker」を提供するLinchpin Healthは、PIに回答しなかった。「MIA」は、回答内容を公開されたくないと述べた。

BBCは両社に連絡したものの、記事の掲載までに回答は得られなかった。

「情報共有は禁止」

フェイスブックはBBCに対し、「当社の利用規約では、開発者側に対し、当社に個人的な健康状態に関する情報を送ることを禁止している。当社は、開発者側からそうした動きがある場合には、規約を順守するよう求める」と述べた。

「付け加えると、個人の関心に基づいたターゲティング広告は、アプリやウェブサイト上での個人の活動から収集した情報を利用していない」

Image copyright PI
Image caption 「Maya」アプリでは、ユーザーに対し、気分について入力するよう促している。この情報はフェイスブックで共有される。この場合は、「不安」という内容になっている

「責任は企業側にある」

PIは、今回の調査結果は、こうしたアプリがどれほどEU一般データ保護規則を守っているかについて、深刻な懸念をもたらしていると指摘する。

「法的義務を順守し、アプリサービスの利用を決めたユーザーからの信頼に応える責任は、企業側にあるべきだ」

フェイスブックは今年8月、アプリや企業によるユーザー情報の共有を遮断するツールを提供すると発表した。

(英語記事 Facebook 'knows when app-users have had sex'

この話題についてさらに読む