ブレグジットは「悪夢のよう」とルクセンブルク首相 英首相は共同会見を欠席

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ルクセンブルク首相「ブレグジットは英国発の問題」 ジョンソン首相欠席の記者会見で

ボリス・ジョンソン英首相は16日、イギリスの欧州連合(EU)離脱をめぐり、ルクセンブルクでEU高官や同国のグザビエ・ベッテル首相と会談した。

ジョンソン氏はその後、ベッテル首相との共同記者会見に出席する予定だったが、親EU派デモの声の高まりを受け、会見の場に姿を見せなかった。

隣が空席のまま記者会見を始めたベッテル首相は、ジョンソン氏のブレグジット(イギリスのEU離脱)政策を批判。イギリス政府から新たな協定の提案はなかったと話し、現状は「悪夢」のようだと語った。

<関連記事>

ジョンソン氏はこの日、欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長や、EU側のブレグジット首席交渉官を務めるミシェル・バルニエ氏らと会談した。

ユンケル氏とバルニエ氏との昼食会の後にジョンソン首相は、合意なしブレグジットを避けるという共通の目的に向かい、EU側にもイギリスと交渉する用意があることを確認し、自信を持ったと話した。その上で、まだ「完全な突破口」は見つかっていないと述べた。

これに対し欧州委員会は声明で、ジョンソン首相はまだしっかりとした提案をしてきていないと指摘。新たな協定案は、既存の協定と「互換性」のあるものでなければならないとくぎを刺した。

共同記者会見を欠席

屋外に設置された共同記者会見場の近くでは、親EU派のデモ参加者がジョンソン氏への抗議を行っていた。

BBCのアダム・フレミング・ブリュッセル特派員によると、抗議者の数は100人にも満たなかったものの、音楽やメガホンの音量が大きく、放送できない言葉を繰り返し使っていた。

これを受け、ジョンソン氏は共同記者会見を急きょキャンセル。屋内で簡単な取材を受けるにとどめ、会見にはベッテル首相だけが臨んだ。

ジョンソン氏は屋内での記者会見を提案したものの、却下されたという。

「言葉ではなく行動を」

ベッテル首相は一人での記者会見で、ジョンソン首相は「すべてのイギリス国民の将来をその手に握っている」と述べ、ブレグジットのこう着状態を打破するのがジョンソン氏の責任だと述べた。

その上でジョンソン氏に対し、「党の政治的利益のために未来を人質にすることはできない」と警告した。

また、イギリス政府からは「現時点でしっかりとした提案が出ていない」と話し、EU側は「言葉以上のものを求めている」と強調。

「われわれには書面での提案が必要で、期限は迫っている。言葉ではなく行動してほしい」

さらに、テリーザ・メイ前首相とEUが取りまとめた既存の協定が「唯一の解決策だ」と付け加えた。

ジョンソン氏は「用心しながら楽観」

ユンケル委員長との昼食会の後、ジョンソン首相はBBCの取材で、交渉の状況について「用心しながら楽観している」と話した。

また、EU側もブレグジットの交渉を終わらせたい考えだったと示唆した。

「私は10月31日以降もEUにとどまる必要性を全く感じないし、この日までに離脱するつもりだ。EUの友人たちもそう考えている。あちらもこの件でお腹がいっぱいなのだと思う。彼らもイギリスと新しい関係を結びたいと思っていた、終わらない交渉、終わらない延期にはうんざりしている」

一方、EU側がアイルランド国境をめぐる「バックストップ」条項に関する立場を変えない限りは、新たな協定は結べないとの主張を繰り返した。

バックストップとは、イギリスとEUとの間で通商協定がまとまらない場合に、北アイルランドとアイルランドの国境に厳格な検問所等を設置しないための措置。バックストップが発動すると、北アイルランドはブレグジット後もEU単一市場のルールに従うことになり、ブレグジット後もイギリスがなおEU法に縛られる懸念が生じている。

ジョンソン氏は、交渉ではイギリス全体がEUから離脱するとともに、単一市場の統合を守り、ベルファスト合意(イギリスとアイルランドの和平合意)を維持し、アイルランド経済を支援するためのさまざまなアイデアが出ていると述べた。

これにはアイルランド国境での検問を最小限にするための技術や、北アイルランド議会ストーモントに同地域に課されるルールへの発言権を与える「ストーモント・ロック」などが含まれるという。

ただ、政府筋からは、「EU側に新たな協定に必要な妥協をする用意がないことが明らかになったので、合意なし離脱となる可能性はまだある。お互いの溝はなお非常に大きい」との声もあがった。

現在のブレグジットの期限は10月31日。ジョンソン首相は、既存の協定に代わる新たな協定を結びたいとしている一方、10月31日にはEUとの合意のあるなしに関わらず離脱を強行する姿勢を示している。

一方、イギリス議会は先に、10月19日までに新協定が結ばれない場合にはEUに離脱延期を申し出るよう首相に義務付ける法律を成立させている。

ジョンソン氏は今回、この法律にどのように対処するかは説明しなかった。

(英語記事 Johnson attacked by Luxembourg PM over Brexit

この話題についてさらに読む