英最高裁、首相による議会閉会は違法と歴史的判断

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ブレグジットはどうなる? 英最高裁の閉会「違法」判断

英最高裁は24日午前、ボリス・ジョンソン英首相が5週間にわたり議会を閉会したのは、違法だと判断を示した。ジョン・バーコウ下院議長はこの「明確」な判決を受けて、25日午前11時半に下院の議事を続行すると表明した。野党からは首相の辞任を求める声が相次いでいるが、ジョンソン首相は司法判断を尊重すると述べた。

ジョンソン首相は女王の裁可を得て、5週間におよぶ議会閉会を決定し、9月10日から議会審議を停止させていた。これについて最高裁は、政府の行動を問いただすという議会本来の職務遂行を首相が妨げたことは違法だと、判事11人の全員一致で判断した。最高裁判断によると、首相の議会閉会は無効で、議会はただちに再開できることになる。

最高裁長官のレイディ・ブレンダ・ヘイル(リッチモンドのヘイル女男爵)は、首相による議会閉会は「この国の民主主義の根幹」に「極端」な影響を与えたと述べた。

ヘイル長官はさらに、「議会閉会を女王に進言するという判断は、違法だった。なぜなら、相当な事由のないまま、議会がその憲法上の機能を果たす能力を、妨害もしくは阻止する効果があったからだ」と判断を示した。

ヘイル長官は、首相の決定は無効で、議会は閉会されていないというのが、最高裁判事11人の一致した見解だと説明し、今後の展開については下院と上院の議長がそれぞれ判断することだと述べた。

これを受けてジョン・バーコウ下院議長は最高裁判決を歓迎し、議会は「遅滞なくまた集まらなくてはならない」と述べた。バーコウ議長は議会前で記者団に対して、「最高裁の判断は明確」で、「議会の役割は政府を監視し、政府の行動を点検するものだという国民の期待に応える義務がある」と述べ、議会続行のための手続きを指示したと表明。さらに、下院議員は明日25日午前11時半に下院に参集するよう、各党に通達したと述べた。ジョンソン首相はニューヨーク滞在中のため、首相への代表質問はできないが、閣僚との緊急討論は可能だと説明した。

一方で、国連総会出席のため訪米しているジョンソン首相は滞在先のニューヨークで、最高裁判断にはまったく賛同しないものの、その決定を尊重するつもりだと述べた。さらに首相は、今も引き続き10月末までにブレグジットを実現する覚悟だと強調した。

野党から相次ぐ辞任要求

最高裁判決を受け、多くの下院議員がジョンソン首相の辞任を求めている。

最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、最高裁判決はジョンソン氏が「民主主義を見下している」ことを露呈したと述べ、「ボリス・ジョンソンは『自分の立場を吟味』すべきだ」と呼びかけた。

野党・自由民主党のジョウ・スウィンソン党首は、ジョンソン首相は自らの行動を通じて「自分に首相の資質がない」ことを示したと批判し、辞任すべきだと強調した。

野党・スコットランド国民党(SNP)の下院院内代表、イアン・ブラックフォード議員は、「辞任しないなら、議会がボリス・ジョンソンを辞めさせなくてはならない」と述べた。

労働党のスティーヴン・キノック下院議員は、ジョンソン氏が自ら辞任することはなさそうなので、野党は合意なしブレグジットを確実に排除した後、首相不信任案を提出して採決するだろうと話した。

政府への提訴を支援していた、サー・ジョン・メイジャー元首相(保守党)は、ジョンソン首相は下院に対して「全面的に謝罪」すべきだと述べた。「総理大臣が君主や議会をこのように扱うなど、二度とあってはならない」と元首相は強く批判した。

ジョンソン首相は議会閉会の決定について、女王が政府の施政方針演説を読み上げる「女王の演説」に先駆けて議会を閉会し、政府の新しい施政方針を策定したいのだと説明していた。しかし批判勢力は、ただそれだけなら5週間は長すぎるし、10月31日を期限とするイギリスの欧州連合離脱(ブレグジット)の直前まで議会を閉会して、下院が政府のブレグジット策を精査できないようにするのが、ジョンソン氏の真意だと強く反発していた。

<関連記事>

Image copyright Reuters
Image caption 議会再開を求めた人たち

最高裁は9月半ばから3日間にわたり審理を重ねた。議会閉会の合法性については、政府のほか、ブレグジット反対派の活動家で投資家のジーナ・ミラー氏が上告していた。ミラー氏は、イングランドの高等法院が、議会閉会は「純粋に政治的」な事柄で司法判断になじまないと判断を避けたことを不服として、上訴していた。これについて最高裁は、議会閉会は司法判断に適合することだと、高等法院の決定を退けた。

一方で英政府は、スコットランドの最高裁に当たる民事控訴院・内院が、議会閉会は「違法」で、議会の「妨害」が目的だったと判断したことに反発し、上訴していた。

ミラー氏は最高裁判断を受けて、「首相でさえ、法を超えた存在ではないことが示された」、「首相は明日、議会の扉を開けなくてはならない。下院議員は戻り、勇敢に大胆に、この不道徳な政府の責任を問わなくてはならない」と発言した。

スコットランドの法廷に対して政府を訴えた、野党・スコットランド国民党(SNP)のジョアナ・チェリー下院議員も、最高裁判決を受けてジョンソン首相の辞任を求めた。

これに対して、与党・保守党のアンドリュー・ブリッジェン下院議員は、最高裁判断は「この国の民主主義にとって最悪の展開」で、「とんでもなくみっともない話だ」とBBCに述べた。

「この議会は、国民感情とまったくかけ離れている。民主主義を人質にとっている。下院議長がただちに議会を支配し、10月31日までEU残留派の好きにさせるに違いない」とブリッジェン議員は悲観した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
イギリス議会、5週間の閉会 「恥を知れ!」と議員ら抗議

(英語記事 Supreme Court: Suspending Parliament was unlawful, judges rule

この話題についてさらに読む