【ラグビーW杯】 日本戦でアイルランドに不利な誤審 「統括団体が認めた」と監督

Joe Schmidt has made 11 changes for Thursday's Pool A clash with Russia Image copyright Getty Images
Image caption アイルランドのシュミット監督

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場しているアイルランド代表のジョウ・シュミット監督は1日、日本に敗れた試合について、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーが審判の判定ミスを認めたと明らかにした。

1次リーグA組のアイルランド(最新世界ランク4位)は9月28日、静岡で日本(同8位)と対戦。大方の予想を覆し、優勝候補のアイルランドが12-19で日本に敗れた。

シュミット監督は試合後、主審のアンガス・ガードナー(オーストラリア出身)の反則の笛に対して、不満を表明していた。

Image copyright Getty Images
Image caption アイルランドは日本戦で前半12-3とリードした後、逆転を許した

オフサイド3回が誤審か

シュミット監督によると、アイルランドがオフサイドとされた3回の判定について、間違った判断だったとワールドラグビーから連絡を受けたという。

同監督は、「あのような判定をされたら、オフサイドラインより後ろに居続けるのがかなり難しくなる」と発言。

「判定のうち2回は、アシスタントレフェリーの1人が声を上げたものだった。彼は木曜日(ロシア戦)の審判もつとめることになっている」と述べたうえで、こう加えた。

「だから、できるだけ行儀よくしないとだめなことはわかっている」

「リードして消極的になった」

シュミット監督はまた、「静岡の衝撃」と呼ばれるようになった日本戦での敗戦を改めて振り返り、こう語った。

「最初の20分はとてもいいと感じていた。ピッチでのポジション取りは正しかった。いくつかターンオーバーがあったのはいらいらしたが」

「でも、相手ディフェンスラインを突破する見事な攻撃で2つのトライを奪い、コンバージョンキックも決めた。ただ、それがマイナスにはたらいたかもしれない。その後、消極的になり、優勢に試合を進められなくなった」

「高度な能力をもつ相手との試合では、それは許されないことだ」

<関連記事>

「大会にはいいこと」

シュミット監督は一方で、日本戦の衝撃的な結果について、「大会にとっては素晴らしいこと」と述べた。

「どこに行っても、日本人はあの試合について驚くほど興奮している」

「客観的に見れば、A組にとってとてもいいことだ。どのチームが勝ち抜くかわからなくなり、どのチームも日本を追いかけている」

Image copyright Getty Images
Image caption アイルランドのSOセクストンは3日のロシア戦で初のキャプテンをつとめる

3日のロシア戦では、先発メンバーを日本戦から11人変えることを明らかにしている。ももの不調で日本戦を欠場した司令塔のSOジョナサン・セクストンが復帰し、代表チームで初のキャプテンをつとめる。

セクストンはキャプテンに指名されたことについて、「子どものころから望んでいたこと」、「待ったかいがあったし、この上なく誇りに思っている」と述べた。

(英語記事 World Rugby admitted errors - Schmidt

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません