大学の課題、白紙で出して満点 忍者の授業で三重大・羽賀さん

Eimi Haga became interested in ninjas by watching "Nintama Rantaro" on TV
Image caption 羽賀英美さんは三重大の「忍者部」に所属。手裏剣を投げる練習などをしているという

大学のリポートを白紙で出したのに満点――。三重大学(津市)で、教育のあり方を根底から覆すような珍事が起きた。

人文学部1年の羽賀英美(えいみ)さん(19)は今年5月のある日、長い時間をかけて水に漬けた大豆をつぶし、インクをつくった。

忍者の「あぶり出し」を使って、課題のリポートを書くためだ。

「あぶり出しは、小さいころに本で読んで知っていました」と羽賀さんはBBCの取材で説明した。

「どうか同じことをする人がいませんように、と願っていました」

創作点があると聞いて

羽賀さんが忍者に興味をもったのは、幼稚園のころテレビで、アニメ「忍たま乱太郎」を見たのがきっかけだった。

今春、三重大に入学後、山田雄司教授(日本古代・中世信仰史)の「忍者の歴史」の授業をとった。伊賀流忍者博物館(三重県伊賀市)を訪ね、感想をリポートにまとめて提出する課題が出された。

「創作性も点数に入れるという先生の話を聞いて、他の人とかぶらない面白いものをつくろうと決意しました」と羽賀さんは言う。

「しばらく考えているうちに、あぶり出しを思いついたんです」

Image caption 羽賀さんのあぶり出しのリポート。左側はまだあぶられていない。「紙をあぶってお読み下さい」と書いた紙(右)を添えて提出した(羽賀さん提供)

羽賀さんは近所のスーパーで大豆を買って来ると、水にひと晩漬け、ミキサーでつぶし、布で搾った。

その大豆汁に水を足してインクをつくった。あぶり出しに適当な濃度にするのに、10回ほど試行錯誤を重ね2時間近くかかった。できたインクと小筆を使い、和紙にリポートをしたためた。

和紙の上の文字は、乾くとやがて見えなくなった。教授が白紙のリポートを見てゴミ箱に捨ててしまわないようにと、小さな紙にふつうのペンで「あぶってお読み下さい」と書き、リポートに添えた。

「迷わず満点」

リポートを最初に見たとき、「驚きました」と山田教授は語る。

「暗号で書くなどしたリポートは以前もありましたが、あぶり出しは初めてでした」

「最初は、本当に文字が出てくるんだろうかとちょっと疑いました。でも、自宅のガスコンロで実際にあぶってみたら、文字がしっかり出てきた。『上出来だ!』と思いました」

「迷わず満点をつけました。ただ実は、全部は読んでないんです。もったいなくて最後まであぶれませんでした。メディアがこの話を聞きつけて、写真を撮りたいと言ってくることも考えられましたので」

今回のリポートでは、中身より手法を重視したと、羽賀さんは言う。

「少なくとも、独創的なリポートにする努力は認めてもらえるんじゃないかと思っていました」

「だからそんなに悪い点にはならないだろうと。内容は特別すごいものではありませんでしたが」

(英語記事 Ninja student gets 'A' for invisible ink essay

関連トピックス

この話題についてさらに読む