台風19号「ハギビス」被害拡大、死傷者増え続ける 4000人近くが避難生活余儀なく

Soldiers use boats to rescue residents hit by floods in Japan
画像説明,

各地の警察や消防などに加え、海上保安庁や自衛隊が救助活動に参加した

大型で強い台風19号「ハギビス」は12日、午後7時前に伊豆半島に上陸した後、各地に記録的な強風と大雨をもたらしながら北上し、13日朝に福島県付近から太平洋に抜けた。記録的豪雨により各地で浸水や土砂崩れが発生し、多くの河川が氾濫した。多数の死傷者が出ており、台風上陸から1週間以上たった時点でも、3961人が避難生活を余儀なくされている。

総務省消防庁によると、台風上陸から10日たった22日午前7時半の時点で、台風の影響で死者71人と行方不明者12人、重傷者32人、軽傷者383人が確認された。全半壊の住宅は1627棟、一部破損家屋は3138棟、浸水家屋は6万2400棟以上になる。

NHKは同日午前9時すぎの時点で、82人死亡、11人不明と伝えている。

国土交通省は同日午前6時現在で、7県の71河川135カ所で堤防の決壊を確認したと発表した。

また、内閣府によると21日午後1時の時点で、11都県139カ所の避難所で3961人が避難生活を余儀なくされている。

画像説明,

長野県を流れる千曲川の堤防決壊により、流域で広範囲に浸水被害が出た

画像説明,

千曲川の堤防決壊で浸水した住宅地で、自衛隊ヘリが住民の救助に当たった(13日、長野市)

画像説明,

浸水した川崎市の住宅地

画像説明,

冠水した住宅地の道を調べる消防職員(13日、川崎市)

13日からの救助活動には、各地の警察や消防をはじめとする自治体職員に加え、海上保安庁や自衛隊が参加した。菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、消防、警察、自衛隊、海上保安庁が計11万人以上の態勢で救助・捜索活動に当たっていると明らかにした。

台風19号によって、各地で年間降水量の約40%が1日や2日で集中的に降った。神奈川県箱根町では48時間の雨量が1001ミリに達し、観測史上最高を記録した。

記録的な大雨を受けて12日夜から13日午後にかけて、東京を流れる多摩川、福島県や宮城県を流れる阿武隈川、長野県を流れる千曲川など一級河川を含む河川が氾濫し、多くの地域で広範囲にわたり浸水・冠水した。

千曲川では堤防の一部が決壊し、住宅地やJR東日本の長野新幹線車両センターが浸水するなど、大規模な被害が出ている。

埼玉県川越市では、近くの川が氾濫した影響で特別養護老人ホームが浸水し、200人以上の入所者が取り残されたが、13日午後5時過ぎに全員が救助された。

複数の日本メディア報道によると、福島県南相馬市では、台風対応にあたった後に職場を離れた男性市職員(25)が遺体で発見されたという。栃木市の水路では13日未明、40~60代とみられる女性が心肺停止状態で発見され、その後死亡が確認された。川崎市高津区のマンションでは12日夜、浸水した1階部分で60代の男性が発見され、後に死亡が確認された。

千葉県市原市では12日午前、強風で軽トラックが横転して大破。運転していたとみられる男性が心肺停止の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。ほかにも群馬県富岡市で男性が1人、神奈川県相模原市で女性が1人、それぞれ土砂崩れで住宅が壊され死亡した。

東京消防庁は13日、福島県いわき市で搬送予定だった女性(77)を誤ってヘリから転落させたと発表し、謝罪した。女性は心肺停止の状態で同市内の病院に搬送され、後に死亡したという。

画像説明,

千曲川氾濫の影響でJR東日本の長野新幹線車両センターが浸水した

13日朝の時点で計約330万世帯、計約800万人に避難指示・勧告が出されていた。

関東甲信越や東北では、台風による大雨でダムの水位が上がったため、13日朝までに複数のダムで異常洪水時防災操作(緊急放流)を実施した。

NHKによると、台風の影響で首都圏などで13日午前10時の時点で、計21万3100世帯において停電が続いていた。

開催中のラグビーワールドカップ(W杯)では12日の2試合が中止されたほか、F1日本グランプリのレースが延期された。首都圏ではほとんどの公共交通機関が計画運休し、多くの店舗も閉店となった。

一方で、13日夜のラグビーW杯1次リーグA組最終戦の日本対スコットランド戦(横浜国際総合競技場)については、大会組織委員会は13日午前、実施を決定した。

この試合で日本代表は強豪スコットランドを28-21で下し、決勝トーナメント初進出を決めた。

日本のジェイミー・ジョセフ監督は試合後、「日本全体を見渡せば、これがこのチームとこの国にとってどれほど特別な瞬間か分かる。まずは台風で家族を亡くした人々にお悔やみを伝えたい。そのことを今日チームで話し、ものすごい闘志につながった」と述べた。

リーチ マイケル主将も、「台風のせいで大変な時だ」と述べ、「台風で大変な思いをしている皆さん、この試合はまるごと皆さんのためのものでした」と話した。さらに、「大事なのは技術ではなく、何より大事なのは気持ちと身体性だった。それを今日、自分たちは身をもって示した」と強調した。

画像説明,

都内を流れる多摩川など複数の河川が氾濫した

画像説明,

都内で激しい風雨に苦労する人たち

画像説明,

首都圏の公共交通機関はほとんどが終日運休した

画像説明,

東海道新幹線も計画運休した。写真は新横浜駅の新幹線乗り場

画像説明,

飛行機もほとんどが欠航した。写真は12日、羽田国際空港の出発情報を見る男性

各地で多くの商店や民家が、窓ガラスを補強したり、土嚢(どのう)を積んだりして備え、スーパーやコンビニでは食料品、ホームセンターでは養生テープなど防災用品の売り切れが相次いだ。

気象庁は12日午後3時半に東京、群馬、埼玉、神奈川、山梨、長野、静岡の7都県に、さらに同7時50分に宮城、福島、茨城、栃木、新潟の5県に大雨特別警報を出した。

画像説明,

横浜の幹線道路にも車の姿はほとんどなかった

画像説明,

都内の体育館に避難した人たち

画像説明,

三重県伊勢市でも市内を流れる五十鈴川や矢田川が増水した

画像説明,

9月9日の台風15号で大きな被害を受けた千葉県では、またしても台風の被害を受けた

画像説明,

千葉県市原市では12日朝、突風で住宅数棟の屋根が飛ばされるなどの被害が出た

「ハギビス」はフィリピンのタガログ語で「速度」を意味する。

すべての写真の著作権は著作権者に帰属します