香港の議会で波乱、行政長官は施政方針演説を取りやめ

Carrie Lam Image copyright Reuters

香港の立法会(議会)で16日、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が施政方針演説を行おうとしたところ、野党議員が妨害する騒ぎがあった。立法会は中断され、林鄭行政長官はビデオで演説を行った。

演説が2度にわたって中断された後、立法会は中断された。このため、反政府デモの発端となった逃亡犯条例の改定案は正式に撤回されなかった。

この改定案は犯罪容疑者の中国本土引渡しを可能にするもので、中国政府による香港統治の姿勢が強まるとの懸念が広がり、6月から続く大規模な抗議活動につながった経緯がある。

香港政府は6月に審議を棚上げし、9月には完全撤回すると表明していた。しかし、立法会は7月にデモ参加者が立法会に突入して以降、閉会していたため、この日が初めて正式に撤回が決まる機会だった。

<関連記事>

林鄭行政長官の施政方針演説が始まると、野党議員が叫んだり、議席に登ったりして演説を妨害。

「五大訴求、欠一不可(5つの要求 1つも欠けてはならない)」という文字を行政長官の後ろに映し出したほか、同じスローガンが書かれたプラカードを掲げた。

逃亡犯条例改定案をめぐって始まったデモは、現在ではより幅広い改革を求めるものとなっている。5つの要求は以下の通り。

  • 逃亡犯条例改定案の完全撤回
  • 抗議行動に対する「暴動」という言葉の使用取消し
  • 逮捕されたデモ参加者全員への恩赦
  • デモ参加者に対する警察の暴力をめぐる独立調査
  • 行政長官選挙での普通選挙の実施

野党側の陳淑莊議員は、林鄭行政長官には香港の諸問題について責任があると話した。

「林鄭氏の両手は血に染まっている。林鄭氏には(改定案を)撤回し、辞任してもらいたい。統治能力がないし、行政長官には適していない」

Image copyright AFP

一方、親中派の議員からは野党に対し、立法会を妨害し、香港経済の将来に重要な施政方針演説を中断させたことについて批判が上がった。

動画での演説で林鄭行政長官は、「一国二制度」を維持すると強調し、香港の独立を求める声は許されないと述べている。

林鄭行政長官をめぐっては先に、駐香港EU大使との会談内容が漏えい。その会談で林鄭氏は、現在の状況では普通選挙について協議することもできないと話していた。

このほか、香港で深刻化している住宅問題や、インフラなどについての政策を発表した。

Image copyright Getty Images
Image caption 香港では14日、米国での香港の自治と人権を支持する「香港人権・民主主義法案」成立を求める何千人もの市民が行進した

香港ではなお、毎週末に各地で抗議活動が続いており、市民の生活に広く影響を与えている。

デモ参加者と警察の衝突も過激化し、警察は実弾を発砲している一方、抗議者も警官に暴行を加えたり、火炎瓶を投げつけて応戦している。

一方、アメリカの下院では15日、香港で十分な自治が維持されているかを毎年評価する「香港人権・民主主義法案」が可決された。

また、香港への催涙ガスの輸出を制限する法案も下院を通過した。

これらの法案はなお上院での承認が必要だが、香港での人権を支持するものとして大きく取り上げられ、香港では可決に先立ち、法案を支持する何千人もの市民がデモ行進を行った。

(英語記事 Chaos as Hong Kong 'state of the union' disrupted

関連トピックス

この話題についてさらに読む