台所で見つかった中世の名画、29億円で落札 フランス

A painting entitled "Christ Mocked" by the late 13th Century Florentine artist Cenni di Pepo, also known as Cimabue, 23 September 2019 Image copyright AFP/Getty Images
Image caption 中世を代表するチマブーエのこの作品は、何年もの間、仏コンピエーニュの町で、台所のガスコンロの上にかけられていた

中世イタリアで活躍した画家の長らく失われていた絵画が、フランス家庭の台所で見つかった。この絵画はオークションにかけられ、2400万ユーロ(約29億円)で落札された。

13世紀のゴシック画家チマブーエの「軽蔑されるキリスト」は9月、フランス北部の女性宅で、台所にかけられているのが発見された。

当初は600万ユーロほどで落札されるとみられていたが、予測の4倍もの値段がついた。オークションを手掛けたアクテオン・オークションハウスによると、中世絵画の落札金額としては史上最高額だという。

同社のドミニク・ル・コン氏は、「チマブーエのような珍しい画家の作品が出品された時は、予想外の展開に備えなくては」と話した。

<関連記事>

イエス・キリストの受難を描いた「軽蔑されるキリスト」は何年もの間、コンピエーニュの町の台所のガスコンロの上にかけられていた。持ち主は、ほとんど価値のない古い宗教画だと思っていたという。

オークション関係者がこの絵を見つけ、鑑定に出すよう持ち主に勧めた。赤外線を使った鑑定の結果、チマブーエ(雄牛の頭)の愛称で呼ばれていたチェンニ・ディ・ペーポの作品に似ていることが分かった。

フィレンツェ生まれのチマブーエは13世紀後半から14世紀に活躍。様式重視の中世から、より自然な表現が増えるルネッサンスに向かう過渡期を担う1人だった。

今回発見された「軽蔑されるキリスト」は幅20センチ、高さ26センチと小さいもの。多翼祭壇画として、イエス・キリストが裏切られ、裁判にかけられ、十字架にかけられるまでを描いた連作の一部とみられている。

チマブーエが1280年頃に手掛けたこの祭壇画の連作は、ロンドンのナショナル・ギャラリーに1幅、ニューヨークのフリック・コレクションに1幅が残されている。

チマブーエの画風はビザンティン美術の影響を大きく受けており、ポプラの木板を金色に塗った背景が特徴だ。

(英語記事 Masterpiece found in French kitchen fetches €24m

関連トピックス

この話題についてさらに読む