米カリフォルニア山火事、計画停電区域を拡大 150万人に影響も

A firefighter runs along a dirt road during the wind-driven Kincade Fire in Windsor, California, October 27, 2019 Image copyright Reuters
Image caption カリフォルニア州ウィンザーで「キンケイド火事」の消火にあたる消防隊員(10月27日)

米カリフォルニア州北部で山火事が猛威を振るう中、強風による被害拡大を防ぐため、米電力会社パフィシック・ガス・アンド・エレクトリック(PG&E)は29日にも新たに65万世帯、150万人を対象に計画停電を行うと発表した。

PG&Eはすでに、この地域の97万世帯や企業を対象に計画停電を実施したことで、規制当局の調査を受ける可能性がある。AP通信によると、このうち28日までに電力が復旧したのは半分以下に留まっているという。

追加の計画停電では、推定で州内の150万人以上が影響を受ける。PG&Eは、破損した電線からの出火で被害を拡大させないための予防措置だとしている。

計画停電をめぐっては、対象範囲が広すぎて混乱を招くとの批判が上がっているものの、PG&Eはさらに強風が予想されることから、29日と30日に追加の計画停電を実施する方針を示している。

PG&Eによると、直近の暴風による影響で、同社の電力供給網が損傷を受けたとの予備報告が20件あったという。

Image caption 「ゲッティ・ファイア」による強制避難区域(赤)と避難区域(黄) 出典:ロサンゼルス市消防局

セレブも避難対象に

強風の影響で山火事は拡大している。富裕層が多く暮らすロサンゼルス・ブレントウッド近郊では28日朝に新たに山火事が発生し、数千人に避難指示が出された。

美術館ゲッティ・センター近くで発生した山火事「ゲッティ火事」は急速に拡大しており、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事(72)や、 米プロバスケットボールNBAのスター選手、レブロン・ジェイムズ氏などの有名人も避難対象に含まれる。

ゲッティ火事では、これまでに600エーカー(約2.4平方キロメートル)以上もの土地が焼失。建物約1万棟が強制避難区域に含まれる。少なくとも住宅8棟が全焼し、5棟が損傷した。

炎が国道101号線を越えて、1940年代以来、山火事を経験していない地域にも延焼する可能性が懸念されている。

シュワルツェネッガー氏は、「避難区域に該当する人は、グダグダするな。逃げろ」とツイッターで呼びかけた。

州全域に非常事態宣言

ギャヴィン・ニューソム州知事は26日、ツイッターに投稿した動画の中で、計画停電は「あらゆる住民を激怒させている。当然のことだ」と述べた。

州知事は27日、州全域に非常事態を宣言した。

ロサンゼルス消防局のラルフ・テラザス局長は、消防士たちが山火事の規模に「圧倒」されていると述べた。

「自分たちがどの住宅を守れるのか、厳しい決断をしなくてはならなかった。多くの場合、残り火がどこに着火するかで変わってくる。完全に焼け落ちた住宅に隣接する別の住宅が全く被害を受けていないこともあった」

23日に発生した「キンケイド火事」による甚大な被害を受けている州北部ソノマ郡では、18万人が避難を強いられ、現在も学校の閉鎖が続いている。これまでに5万エーカー(約200平方キロメートル)の土地が焼失した。

キンケイド火事は、PG&Eの送電線が損傷してから約7分後に発生したが、同社は送電線の損傷が出火原因かどうかは明らかにしていない。

Image caption 「キンケード・ファイア」発生エリア(赤)と避難区域(ピンク)。10月28日時点 出典:ソノマ郡

規制当局が計画停電を調査

規制当局は28日、電力会社による推定250万人に影響を及ぼす計画停電が規則違反にあたるかどうかについて、正式な調査を開始すると発表した。当局は電力会社名を明かさなかったが、複数のアナリストは、計画停電の大部分の責任はPG&Eにあるとしている。

カリフォルニア州北部では昨年11月、猛威を振るった山火事「キャンプ火事」によって15万世帯が消失、86人が死亡した。その後の調査の結果、PG&Eが設備の保守点検を怠ったことが、山火事の原因になったことが明らかになった。

PG&Eは2017年の山火事についても責任を問われており、この山火事被害の裁判で今年1月に破産している。PG&Eはカリフォルニア北部にガスや電力を供給する唯一の会社で、消費者のほとんどは同社以外に電力供給源がない状態だ。

(英語記事 California faces huge power cuts as wildfires rage

この話題についてさらに読む