バグダディ容疑者への軍事作戦の映像を公開 米国防総省

Image from raid on Baghdadi compound Image copyright US Central Command
Image caption 米国防総省が公開したバグダディ容疑者を狙った軍事作戦の画像

米国防総省は30日、過激派勢力「イスラム国」(IS)の指導者アブ・バクル・アル・バグダディ容疑者を狙った27日の軍事作戦の様子を記録した映像を公開した。同容疑者はトンネル内で米軍に追い詰められ自爆した。

画質の粗い映像では、バグダディ容疑者の潜伏先の建物上空を飛ぶヘリコプターから、地上のIS戦闘員に向けて米軍が銃撃する様子が確認できる。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
上空から潜伏先の建物を砲撃 バグダディ容疑者急襲の映像

<関連記事>

シリア北部での米軍事作戦では、バグダディ容疑者は米軍の軍用犬に追われてトンネルに逃げ込み、身につけていた自爆チョッキを起爆させて死亡した。

潜伏していた建物は、軍事作戦終了後に破壊された。

ケネス・マッケンジー米中央軍司令官は、破壊された建物は「巨大なくぼみができた駐車場」のようだと述べた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
バグダディ容疑者のアジトは跡形もなく…… 米軍事作戦後のドローン映像

子供2人が巻き添えに

バグダディ容疑者が自爆した際、自分の子供3人を巻き添えにしたと報じられていたが、マッケンジー氏によると、容疑者と共に死亡したのは子供2人だったという。

「バグダディ容疑者は幼い子供2人を連れて、穴の中へはって行った。そして、他の戦闘員を地上に残し、自爆した。こういった行動から、容疑者がどんな人物だったのかが推測できる」と、マッケンジー氏は記者会見で述べた。

「これは、バグダディ容疑者がしたことについての私の経験的観察だ。これ以外に、容疑者の最後の瞬間については申し上げられない。どのような方法でも確認はできない」

「すすり泣き、叫んだ」は確認できず

ドナルド・トランプ大統領は27日、バグダディ容疑者の自殺を発表した際、容疑者が「すすり泣き、叫びながら」行き止まりのトンネルに駆け込んだと述べたが、マッケンジー氏はこれが事実だとは認められないとした。

多数のIS戦闘員が死亡

軍事作戦では、自爆チョッキを身につけた女4人と、男1人が潜伏先で死亡したほか、米軍のヘリコプターへの銃撃の後に無数のIS戦闘員が死亡したという。

マッケンジー氏は、「この攻撃には大きなプレッシャーがかかり、関心が集まっていたが、民間人の犠牲者を出さないよう、そして潜伏先にいると予測される子供を守るために、最大限の努力を払ったということを明確にしておきたい」と付け加えた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
米軍はバグダディ容疑者をどう追い詰めた? ISへの影響は?

マッケンジー氏は、バグダディ容疑者のDNAサンプルを使い、軍事作戦で死亡した人物が同容疑者であると確認したと認めた。DNAサンプルは、2004年に容疑者をイラクで拘束した際に採取したものだという。

バグダディ容疑者の遺体は米軍の前進基地へと運ばれ、身元確認が行われたという。「武力紛争法に従い」、死亡から24時間以内に海で水葬されたと、マッケンジー氏は述べた。

(英語記事 US releases first images of Baghdadi raid

この話題についてさらに読む