【英総選挙2019】 女王が議会解散認め、選挙スタートも保守・労働両党で幹部辞任

Boris Johnson greeted by royal officials as he arrives at Buckingham Palace Image copyright PA Media
Image caption 総選挙に先がけ、ボリス・ジョンソン首相(中央)は6日、バッキンガム宮殿でエリザベス女王と会見した

イギリスのボリス・ジョンソン首相は6日、バッキンガム宮殿でエリザベス女王と会見し、12月12日の総選挙に向けた選挙活動期間の開始を正式に宣言した。

議会は6日午前0時に解散したが、女王はそれを認める裁可に署名する必要があった。女王とジョンソン首相の会見は20分ほどで終了した。

ジョンソン首相はその後、イングランド中部ウェストミッドランズ開催された集会で保守党の選挙活動をスタート。最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首も、演説で政権奪還を誓った。

このほか、野党3党が共闘で合意するなど、各党が総選挙に向けた動きを加速させている。

<関連記事>

イギリスは10月31日に欧州連合(EU)を離脱する予定だったが、議会で離脱協定案とそれを法制化するための協定法案の審議が行き詰まり、ジョンソン首相はEUに離脱延期を要請。EUとイギリスは新たな離脱期限を2020年1月31日とすることで合意した。

議会はその後、ジョンソン首相が提出した解散総選挙法案を可決。選挙戦はブレグジットが焦点になるとみられている。

「ブレグジット達成には総選挙しかない」

保守党の集会では、支持者が「ブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)を実現させる」と書かれたプラカードを掲げた。

ジョンソン首相は演説で、先に欧州連合(EU)と取りまとめた離脱協定こそ、「自分が実現のために戦ってきたことを実現させてくれる」と強調。ブレグジットを達成するには総選挙しか道がないと話した。

その上で、EU離脱後には「より良い教育」と「より良いインフラ」に取り組むことができると述べた。

一方、労働党については、「自分たちの経済政策が破滅を招くものだと分かっている」と批判を展開。また、労働党が政権を握れば、ブレグジットの是非を問う2度目の国民投票だけでなく、スコットランドの独立をめぐる2度目の住民投票を許してしまうだろうと指摘した。

ジョンソン氏はこの日、選挙活動開始をアピールしようとしたが、むしろ選挙が始まるその日に閣僚が辞任するというニュースが大きく注目された。

アラン・ケアンズ・ウェールズ担当相はこの日、元側近の不祥事を知りながら、この側近のウェールズ議会議員への立候補を支持していたという疑惑を受け、辞任を表明した。

また先には、2017年のグレンフェル・タワー火災被害者への失言をめぐり、ジェイコブ・リース=モグ下院院内総務など立候補者2人が謝罪している。

労働党でも有力幹部が引退

労働党のコービン党首はこの日、イングランド中部テルフォードでの集会に出席。「権力を分けるために権力を求める」、「現職とは非常に異なる首相」を目指すと述べた。

また、労働党はイギリスを「変革」させるために「政権奪還に向け準備を整えて」いると話した。今回の選挙は「人々を抑圧している障壁を取り崩し」、保健制度や学校、警察を「再建」する一世一代の機会だと強調した。

ブレグジットについては、ジョンソン首相の協定の下に離脱し、ドナルド・トランプ米政権と「悲惨な」通商協定を結ぶよりは、「分別のある選択肢」をもって2度目の国民投票で是非を問うべきだとしている。

しかし労働党でも、有力幹部の引退が発表された。トム・ワトソン副党首はこの日、現職を辞任し、総選挙にも立候補しないと発表。引退は「個人的な理由で、政治的な理由ではない」としている。

野党3党が共闘で合意

BBCウェールズによると、ウェールズ党プライド・カムリと自由民主党、緑の党の3党は、ウェールズの40選挙区のうち11選挙区について候補者を調整することで合意した。

候補者を絞ることでEU残留派が議席を獲得しやすくし、2度目の国民投票への道を開きたい構え。正式な発表は7日に行われる予定だ。

このほか、野党各党が次々と公約を発表している。

  • 緑の党は、気候変動対策に1000億ポンド(約14兆円)を投じる公約を発表する予定
  • 自由民主党は公約で、メンタルヘルス対策に年22億ポンドの予算を振り分ける方針を掲げた。これに伴い、所得税率を1%引き上げる予定
  • SNPはブレグジット阻止に向け、スコットランドのEU残留派の住民に支持を呼びかけている

(英語記事 Johnson says he had 'no choice' over election/ Labour's deputy leader Tom Watson stands down/ Plaid, Lib Dems and Greens in pro-EU pact in Wales)

関連トピックス

この話題についてさらに読む