ロンドンの劇場、上演中に天井が一部落下 観客数人負傷

Ceiling Image copyright Kieran Dunn
Image caption 天井の一部が崩落したロンドンの劇場。ほこりまみれで外に出た観客もいた

ロンドンの劇場街ウエスト・エンドの劇場で6日夜、評判の舞台上演中に天井の一部が崩落し、観客数人が負傷した。

ピカデリー劇場で上演中の米劇作家アーサー・ミラー作、「セールスマンの死」の上演は連日大入りで、この夜も客席は満員だった。上演開始から約20分後の午後8時前に天井の一部が落ちると、3階席からは悲鳴が上がった。芝居は中断され、ほこりまみれで劇場の外に出た観客もいた。

ロンドン警視庁によると、1000人以上が劇場から避難した。

現場には消防車3台と救命チーム3組が急行した。ロンドン消防隊は、事故原因を調査しているという。

Image copyright PA Media
Image caption 劇場の天井崩落を受けて消防隊が駆け付けた

劇場を経営するアンバサダー・シアター・グループ(ATG)によると、5人の観客が軽傷で手当てを受けた。

天井落下を受けてATGの広報は、最上階後方の天井が午後8時に落下したことを認めた。

ATGは、「舞台はただちに中断され、劇場内の人たちは無事に避難した」と説明し、「私たちは観客の安全をきわめて重視しており、事故原因の把握に最善を尽くしている」と述べた。

主役ウィリー・ローマンを演じる米俳優ウェンデル・ピアスさんは劇場の外で、避難を余儀なくされた観客に謝罪した。

ピアスさん主演の「セールスマンの死」は今年5月から、ロンドン南部のヤング・ヴィック劇場で上演され、好評を受けてウエスト・エンドに移転した。10月24日からプレビュー上演が始まり、11月4日に本公演の初日を迎えたばかりだった。

Image copyright Getty Images
Image caption 主役ウェンデル・ピアスさん(右)と、人気テレビ・ドラマで共演したドミニク・ウェストさん(4日、ロンドン・ピカデリー劇場)

ソーシャルメディアに投稿された動画では、ピアスさんが観客に、またこの作品を見に来てほしいと呼びかける様子が映っている。

「今晩来ていただいて、本当に光栄です。こんなことになってしまい、本当に残念です」とピアスさんは話していた。

客席に居合わせたBBCのイアン・ハドウ記者によると、上演開始から約20分後に天井が落ちるまで、天井からひっきりなしに水漏れが続き、「次第に一定の流れになった」という。当時は雨は降っていなかった。天井が落ちると、パニック状態になる人もいたという。

劇場の外では、屋根も含めて工事用の足場が組まれ、作業が行われていた。

客席にいた男性は、「ピカデリー劇場のセールスマンの死の途中で天井が落ちた。最初は水がぽたぽたと垂れていたのが次第に激しくなって、ついにはごっそり落ちてきた」と、穴の開いた天井の写真と共にツイートした。

ウエスト・エンドでは劇場の多くが古い建物に入っている。2013年12月には、アポロ劇場で舞台の上演中に天井の一部が崩落し、76人が負傷する事故があった。

(英語記事 Piccadilly Theatre: Ceiling collapses, injuring audience members

関連トピックス

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません