コンテナの39遺体、全員ヴェトナム人 英警察が身元確認

Lorry container being moved under police escort Image copyright PA Media
Image caption 先月23日、コンテナの中から遺体が発見された

イギリス東部エセックス州でトラックの冷凍用貨物コンテナの中から39人の遺体が見つかった事件で、地元警察は7日、ヴェトナム人全員の身元を特定したと発表した。

エセックス警察は男性31人と女性8人の身元を特定するため、ヴェトナム当局と連携していた。

一連の関連書類はキャロライン・ビーズリー=マリー上級検死官へと渡された。

警察は、犠牲者の名前を公表する前に、遺族に考える時間を与えたいと述べた。

犠牲者は、ヴェトナムのハイフォン、ハイズオン、ゲアン、ハティン、クアンビン、フエからイギリスにやって来たという。

「重要な1歩」

エセックス警察のティム・スミス副本部長は、犠牲者の身元確認は事件の捜査において「重要な1歩」だと述べた。

「これ以上の情報を公表する前に、我々が遺族に対し、愛する人の死亡を確認したという事実を受け入れる機会を与えることは正しいことだ」

「我々の思いは今も、我が国の沿岸部で悲劇の旅を終えた犠牲者の遺族や友人と共にある」

<関連記事>

コンテナはベルギー・ゼーブルージュ港から船に積まれ、先月23日午前零時半ごろ、英テムズ川沿いのパーフリート港に運び込まれた。

トラックはこのコンテナを積み、同日午前1時5分過ぎ、パーフリートを出発。同1時半過ぎ、ロンドン近郊グレイズにあるウォーターグレイド工業団地で、救急隊員が遺体を発見した。

このトラックを運転していた北アイルランド出身のモーリス・ロビンソン被告(25)は先月28日、法廷に出廷した。被告は39件の過失致死のほか、人身売買の共謀、不法入国ほう助の共謀、資金洗浄の罪で起訴された。

Image caption フアム・ティ・チャ・ミさん(左)とグエン・ディン・ルオンさんの家族は、2人が犠牲者に含まれているかもしれないと懸念している

身柄引き渡し手続き

欧州逮捕令状が出され、後に逮捕されたイーモン・ハリソン容疑者(22)についても、身柄引き渡し手続きが進められている。

警察はまた、過失致死と人身売買の容疑で、北アイルランド出身の兄弟ロナン、クリストファー・ヒューズ両容疑者の行方を追っている。

これまでに、ヴェトナムの2つの省で11人が逮捕されている。

Image copyright PA Media
Image caption サイモン・グエン牧師は、犠牲者は「自由、尊厳、幸福を求めて」命を落としたと述べた

2日夜には、ロンドン東部の教会で犠牲者の追悼式が執り行われた。

ビーズリー=マリー上級検死官は、遺族に対し「心からの哀悼の意」を表した。

(英語記事 Bodies found in lorry have all been identified

この話題についてさらに読む