トランプ氏弾劾調査、初の公聴会 「大統領は捜査気にしていた」と高官

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
トランプ氏への弾劾公聴会、始まる ウクライナに何を

ドナルド・トランプ米大統領の弾劾調査を進める米下院情報委員会は13日、初の公聴会を開いた。国務省高官が、トランプ氏は政敵のジョー・バイデン前副大統領(民主党)に対してウクライナが捜査するのかどうか、側近に直接尋ねていたと証言した。

証人席に座ったウィリアム・テイラー駐ウクライナ臨時代理大使は、トランプ氏がバイデン氏に関する捜査の進展を気にしていたと、テイラー氏の部下が聞いたと述べた。

一方、トランプ氏は記者団に、そうした趣旨の発言は記憶にないと述べた。

トランプ氏はかねて、自分は何も問題行為はしていないと主張し、弾劾調査を「魔女狩り」と呼んでいる。

<関連記事>

トランプ氏については、ウクライナへの軍事援助を控えることで、同国のヴォロディミル・ゼレンスキー大統領に対し、バイデン氏の汚職疑惑捜査について発表するよう圧力をかけた疑いがかけられている。

バイデン氏は、来年の大統領選挙の民主党候補の座を争っており、トランプ氏と対決する有力候補の1人とみられている。

弾劾調査は1カ月以上続いている。しかしこれまでは非公開で、メディアは情報提供や関係者の取材協力をもとに報じていた

むしろ捜査を気にしている」

この日、テイラー大使は冒頭発言で、トランプ氏がバイデン氏に関する「捜査」について電話で問い合わせをするのを、テイラー氏の部下の1人が耳にしたと述べた。

電話の相手はゴードン・ソンドランド駐欧州連合(EU)大使だった。大使はウクライナの首都キーウ(キエフ)のレストランからトランプ氏に、「ウクライナ側は前に進める準備ができている」と伝えたという。

Image copyright Getty Images
Image caption 公聴会で証言したテイラー氏は陸軍出身の72歳。ベトナム戦争で従軍した

テイラー氏によると、自分の部下がこの電話後、「ソンドランド大使に、トランプ大統領がウクライナをどうみているか尋ねた」。

すると、「ソンドランド大使は、トランプ大統領はむしろバイデン氏の捜査をよぽど気にしていると答えた」という。

「伝聞情報に過ぎない」

レストランで大統領と電話で会話したことについては、ロシアの情報機関に盗聴される危険性があったとして、専門家や元政府職員らから批判が出ている。

トランプ氏は今月上旬、ソンドランド氏について質問されると、「その人のことはほとんど知らない」と答えた。

この日、記者団からソンドランド氏との電話について質問されても、トランプ氏は「それについては何も知らない。初めて聞いた」と述べた。

トランプ氏はまた、ソンドランド氏がトランプ氏と「少しの間」話をし、トランプ氏は「どんな交換条件も示さなかった」と証言したのは覚えていると述べた。

さらに、テイラー氏が説明した電話については「みじんも」覚えていないとし、「どうであれ、また聞きのような情報だ」と話した。

大使への中傷作戦

この日の公聴会ではまず、ジョージ・ケント国務次官補代理(ユーラシア担当)が証言席についた。

ケント氏は、トランプ氏の個人弁護士ルディ・ジュリアーニ氏について、駐ウクライナ大使だったマリー・ヨヴァノヴィッチ氏が解任されるまで、同氏に対する「中傷作戦」を指揮していたと述べた。

一方、テイラー氏の証言の大部分は、すでに下院の非公開の弾劾調査で提出した証言と同じ内容の繰り返しだった。ただ、新たな点もいくつか明らかにした。

共和、民主両党の政権下で長年、外交官をつとめてきたテイラー氏は、トランプ政権がウクライナに対し、軍事援助を控えると脅したとの見方を強調した。その際、バイデン氏に関する捜査を発表することに同意することを条件にしていたという。

テイラー氏はまた、内政問題で軍事援助を控えなど「クレイジー」なことだと、ソンドランド氏とカート・ヴォルカー元ウクライナ特使に話したと証言した。

「これが弾劾に値しないなら」

下院情報委員会のアダム・シフ委員長(民主党)は、弾劾調査の目的について、トランプ氏が「権力を乱用し、国内選挙に外国の介入を招いた」かどうかを明らかにするものと説明した。

その上で委員長は、「この行為が弾劾に値しないのなら、何が弾劾に値するのか」と述べた。

これに対し、トランプ氏を強く支持するデヴィン・ヌネス筆頭委員(共和党)は、弾劾調査を「テレビ放送される、民主党が用意した劇的なパフォーマンス」と非難した。

共和党は、弾劾調査のきっかけとなった匿名の内部告発者を非公開の委員会に呼び、証言させるよう要求している。

しかし、シフ氏は「告発者が特定されないよう、できる限りのことをする」と述べた。

トランプ氏は、弾劾調査の公聴会は「忙しすぎて見られなかった」と述べた。ただこの日、公聴会についてツイートし、リツイートも何回かした。

公聴会終了後には、「告発者が誰なのか突き止めたい」と記者団に話した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
米大統領を弾劾するには? 法学教授が説明

ソンドランド大使が公聴会証言へ

BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、この日の証言は、トランプ氏とソンドランド氏のつながりを明確にした点で大きな意味があったと伝えた。

15日には、トランプ氏とソンドランド氏の電話での会話を聞いたとされる、デイヴィッド・ホームズ氏が非公開に証言する。

来週は、ソンドランド氏の公聴会での証言が予定されている。

(英語記事 New claim made as impeachment inquiry goes public

この話題についてさらに読む