ロンドン橋で襲撃、5人死傷 射殺された容疑者はテロ罪で有罪歴

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ロンドン橋で何が 容疑者を市民が取り押さえ

英ロンドン中心部で29日午後2時(日本時間同11時)ごろ、テムズ川にかかるロンドン橋のたもとで男が刃物で周囲に切りつけ、2人が死亡、3人が負傷した。周りにいた複数の一般人が男を取り押さえ、駆け付けた警官たちが男をその場で射殺した。男は別のテロ罪で有罪になり、保護観察中だったという。

ロンドン警視庁のニール・バス副総監によると、男性1人と女性1人が死亡し、女性2人と男性1人が負傷した。負傷者は今も病院で手当てを受けているという。警察はまだ被害者の氏名を発表していない。

英国民保健サービス(NHS)のサイモン・スティーヴンズ代表によると、負傷した3人のうち1人は重体だが安定しており、1人は安定した容体、1人は比較的軽傷だという。

ロンドン警視庁は30日未明、射殺された容疑者の名前をウスマン・カーン(28)と発表した

<関連記事>

バス副総監は声明を発表し、カーン容疑者が2012年にテロ関連の罪状で有罪になった後、2018年12月に仮釈放され保護観察中だったと明らかにした。捜査当局は、中部スタフォーズシャー在住だった容疑者宅で、捜索を進めているという。

英紙タイムズは、容疑者が電子タグを常時身につけ警察による行動監視に応じることを条件に釈放されたと伝えた。

Image copyright West Midlands Police
Image caption ウスマン・カーン容疑者(28)は2018年末に仮釈放された

カーン容疑者が「どのようにして今回の攻撃実行に至ったか、把握する必要がある」とバス副総監は述べ、「まだ捜査は初期段階にあるが、現時点では積極的に誰か関係者を探しているわけではない。ただし、ほかに関係者がいなかったか、一般市民に特段の脅威が継続してはいないか、早急に確認するよう務めている」と説明した。

ロンドン警視庁のクレシダ・ディック警視総監は記者会見で、事件は午後1時58分に橋の北側にある建物で始まったと説明。最初の通報から5分以内に警官が現場に到着したという。

バス副総監によると、現場となった鮮魚販売業界団体の集会所「Fishmongers' Hall」では、ケンブリッジ大学による元受刑者の社会復帰を支援する集会が開かれ、元受刑者や同大学の学生など数十人が参加していたという。カーン容疑者もこの集会に出ており、集会所内でナイフを取り出して攻撃を始めた後、外のロンドン橋上で取り押さえられ、到着した警官に射殺された。

警察は、容疑者はにせの自爆装置を身につけていたと明らかにした。目撃した女性はBBCに、地面に倒された男がコートを開くと下にチョッキのようなものを身につけているのが見えたと話した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ロンドン橋で襲撃、5人死傷 容疑者は射殺

ロンドン橋は2017年6月3日にも襲撃事件の現場となり、8人が死亡し多数が負傷した。

イギリスにおけるテロ脅威水準は、政府に諮問する独立調査機関によって11月4日の時点で、「重大」から「相当」に引き下げられていた。これは、襲撃発生の可能性が「かなりあり得る」から「あり得る」に和らいでいたことを意味する。

Image caption テムズ川にかかるロンドン橋北側の「Fishmongers' Hall」で襲撃が始まり、「Suspect shot dead by police」の地点で警官が容疑者を射殺した

一般人が取り押さえ 刃物を奪い

事件の全容についてはまだ情報が錯綜しているが、ソーシャルメディアに投稿された複数の動画には、通行人がロンドン橋で容疑者を取り押さえている様子が映っている。

男を地面に組み伏せた集団から飛び出した別の男性が、橋の中心に向かって少し走ると、その手には大きな刃物が見える。容疑者から奪ったものと思われる。

動画ではその時点で警官が到着。男を抑えている人たちに離れるよう指示した上で、男に向かって発砲したように見える。

男がにせの自爆装置を身につけていたという警察の説明について、BBCのフランク・ガードナー安全保障担当編集委員は、こうした襲撃事件の実行犯がにせの自爆チョッキを着る理由は、周りをできるだけパニックさせることと、警察が確実に自分を射殺するようにするためだと説明する。一部の実行犯は、逮捕され裁判にかけられ刑務所で何年も過ごすよりは、その場で殉教者になった方が望ましいと考えるからだという。

目撃者の1人は、集会所内のイベント参加者が壁にかかるイッカクの像から白い角をつかんで、建物の外に出ていた容疑者に立ち向かったと話した。

近くにいたツアーガイドの男性はBBCラジオに、自分は男を取り押さえて、頭を蹴るなどしたと話した。

ソーシャルメディアには、長い角のようなものを持った男性や、消火器を使う男性たちが、容疑者に立ち向かう様子と思える動画が投稿されている。

タイムズ紙によると、容疑者と戦った男性の1人は、元受刑者の社会復帰を取り上げる集会に参加していた受刑者だった。殺人罪で終身刑を受けたこの男性は当日、1日限りの仮釈放措置で現場にいたという。

事件を目撃したというジョージ・ロバーツさんは、容疑者から取り上げたとみられるナイフを手に容疑者から離れる男性について、「攻撃が始まった時は橋の反対側、僕たちの後ろを歩いていた。この人は車の合間をぬって走り、中央の柵を飛び越えて、ほかの人たちと一緒に襲撃犯を取り押さえようとした。僕たちは走って逃げたけど、彼が武器を奪ったみたいだ。なんて勇敢なんだ」とツイートした。

Image copyright George Robarts / Twitter

別のツイッター・ユーザーもこの男性について、実行犯から「ナイフを奪ったロンドン橋のこの勇敢な男性、すごい」と書いた。

「犯人を取り押さえた人たちはもっとすごい」とコメントする人もいた。

事件の拡大防止に協力した一般人の対応を、ボリス・ジョンソン英首相、最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首、ディック警視総監は口々に称賛している。

ディック総監は、「この街の私たちが互いの違いを受け入れているからこそ、ここは偉大な街です。この悲劇から前より強くなって立ち上がらなくてはなりません。そうすることによって、私たちを分断しようとする者たちが決して、絶対に成功しないようにできるからです」と述べた。

ロンドンのサディク・カーン市長は、危険から逃げるのではなく、「何が起きているか分からないまま」危険に向かって走っていった一般市民たちの「息が止まるほどの勇気」に感謝した。

ジョンソン首相は、協力した一般市民や救急当局は「この国の最善の部分を代表する」人たちだと述べ、「こうした攻撃によってこの国は決して委縮したり分断されたり物怖じしたりしない。このイギリスという国の価値が勝つ」と述べた。

首相は実行犯の身元には言及しなかったものの、自分は「ずっと前から、重大事件を起こした凶悪犯の早期釈放は間違っていると主張してきた」と述べた。

<解説> 無差別ではなく狙った襲撃か――ゴードン・コレラ、BBC安全保障担当編集委員

容疑者についての情報が次第に明らかになりつつある。それに伴い、この事件は2年前のロンドン橋のような無差別攻撃とは異なり、特定の狙いをもった攻撃だった可能性が高まってきた。

捜査当局は事件発生から間もなく、容疑者を特定することができた。当局はそれ以降、容疑者の動機、協力者はいたのか、脅威は継続しているのかどうかについて、把握を急いでいる。

今回の事件については、予告も事前情報もなかった。しかし、元受刑者によるリスクを理解し、その行動監視に十分に対応がとられていたかが、今後問われることになるかもしれない。

Image copyright AFP/Getty Images
Image copyright PA Media
Image copyright @GeorgeBarden_

(英語記事 London Bridge: Attacker had been convicted of terror offence

関連トピックス

この話題についてさらに読む