ウクライナとロシアが停戦合意 ウクライナ東部の紛争で

(L-R): Ukrainian President Volodymyr Zelensky, French President Emmanuel Macron, Russian President Vladimir Putin and German Chancellor Angela Merkel, during a summit on Ukraine at the Élysée Palace in Paris, France, 9 December 2019 Image copyright EPA
Image caption (左から)ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領、エマニュエル・マクロン仏大統領、ロシアのプーチン大統領、アンゲラ・メルケル独首相

ウクライナとロシアは9日、ウクライナ東部で続いている戦闘を2019年末までに「完全かつ包括的に」停戦することで合意した。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領はこの日、パリのエリゼ宮で会談し、停戦を決めた。この会談は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とドイツのアンゲラ・メルケル首相が仲介した。

2014年にロシアが一方的にウクライナ南部のクリミア半島を併合して以降、同国東部ではウクライナ軍と親ロシア派の反政府勢力による戦闘が5年半にわたって続いており、これまでに1万3000人が犠牲となった。

この合意以前にも、大規模な捕虜交換が行われたほか、前線の主要地点3カ所でウクライナ軍が撤退している。

合意内容は?

合意文書によると、ウクライナとロシアは年末までに「紛争に関わる全ての捕虜」を解放し、交換することで合意した。

また、2020年3月までに、さらに3地域で双方の軍の撤退が決まった。ただ、具体的な地域名は明かされていない。

さらに、停戦の進捗については向こう4カ月をかけて協議を重ねていく方針という。

Image copyright Getty Images
Image caption シャルル・ド・ゴール空港に到着したプーチン大統領

エリゼ宮での記者会見でプーチン大統領は、今回の会談は紛争の対立緩和に向けた「重要な一歩」だと話した。

ゼレンスキー大統領は、ウクライナ経由で欧州に輸出されるロシア産ガスについても、通過関税について対立があったものの、問題が「取り除かれた」と述べ、これについても合意が近くまとまるはずだと話した。

一方で、親ロ派武装勢力の撤退や、ウクライナ分離独立派の支配地域における選挙の実施などについては合意に至らなかった。

プーチン大統領は、反政府勢力が支配するウクライナ・ドンバス地域を「特別な地位」にするため、ウクライナ憲法の改憲を求めた。

ゼレンスキー大統領はこれに対し、平和と引き換えに領土の一部を手放したりはしないと記者団に話した。

フランスのマクロン大統領は、「きょうの会談では両国の違いが明らかになった」と述べた。その上で、「奇跡の解決策は見つからなかったが、前進はしている」と付け加えた。

ゼレンスキー大統領の貢献

元コメディー俳優のゼレンスキー氏はウクライナ東部の和平を掲げて今年4月の大統領選に出馬し、地すべり的勝利を収めた。

それ以降、モスクワとの協議再開に注力し、ウクライナ軍の撤退などロシアの要求も受け入れてきた。

Image caption ウクライナ東部の地図。青い部分が独立派が支配している地域

9月には、長らく待望だったロシアとの捕虜交換が行われた。ゼレンスキー氏はこの約束をプーチン大統領に直接電話をして取り付け、「勝利だ」と話している。

さらに、ドンバス地域に特別な地位を与える2016年の協定を受け入れることで、今回の首脳会談を実現させた。

ゼレンスキー氏は、ドイツのフランクワルター・シュタインマイヤー大統領が外相時代に提案した「シュタインマイヤー方式」に沿って、ロシアとの交渉を進めようとしている。これは、ウクライナ東部でウクライナ法に基づく公正な普通選挙を行い、欧州安保協力機構(OSCE)の選挙監視団がこれを承認する代わりに、ドンバスに自治権を認めるというもの。

紛争はなぜ起きた?

ロシアが2014年3月にクリミア半島を併合した直後、親ロシア・分離独立派の勢力がウクライナ東部のドネスクおよびルハンスクを占領した。

当時ウクライナでは、親ロシア派政権に反発した市民デモによってヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領が首都キエフから逃れ、西欧寄りの新政権が発足したばかりだった。

独立派はその後、ウクライナからの独立を宣言したが、これを承認している国はない。

北大西洋条約機構(NATO)や西欧諸国の情報機関は、ロシアがこの独立派に重火器や戦闘員を供給していると繰り返し批判している。

ロシアはこれを否定しているものの、ロシア人の「有志」が独立派を支援していることは認めた。

(英語記事 Ukraine and Russia agree to implement ceasefire

この話題についてさらに読む