トランプ氏、書簡で弾劾を猛烈非難 下院議長に送付

President Trump was invited to give evidence before the House but declined Image copyright AFP
Image caption トランプ氏は下院司法委で証拠を示す機会があったが出席を拒んだ

ドナルド・トランプ米大統領は17日、米議会下院での弾劾訴追の動きを「アメリカの民主主義に対する公然とした戦争」と強く非難する書簡を、ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)に送った。

書簡でトランプ氏は、「弾劾という非常に醜い言葉の重要性を安っぽいものにした」と訴えている。

下院では18日に、トランプ氏に対する弾劾決議案の採決が予定されている。同氏をめぐっては、政治的な利得を目的に、ウクライナ大統領に圧力をかけた疑いが持ち上がっている。

下院は民主党が多数を占めており、決議案は可決されて、トランプ氏は弾劾となる見通し。その場合、上院で弾劾裁判が開始される。

「魔女裁判の被告のほうがまし」

トランプ氏の書簡は全6ページ。18日の弾劾決議案の採決の結果に影響を与える可能性は乏しいなかで、弾劾手続きに対して怒りをあらわにし、ペロシ氏を激しく糾弾している。

<関連記事>

書簡でトランプ氏は、「このいんちき弾劾では最初から、基本的な憲法の適正手続きを奪われた」と主張。「証拠提示の権利を含め、憲法が規定する最も基本的な権利を否定された」と述べた。

そして、「セイラム魔女裁判の被告の方が、適正手続きで裁判を受けられた」と記した。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ビギナー向けに解説 弾劾調査とトランプ氏

ただ、トランプ氏は今回の弾劾手続きで、下院司法委員会の招きに応じ、証拠を示す機会があった。そうすれば、トランプ氏の法律顧問が証人を質問することも可能だった。しかし、トランプ氏は招待に応じなかった。

またトランプ氏は、側近が司法委の召喚に応じて証言するのも次々と阻止した。

マサチューセッツ州セイラム市のキム・ドリスコル市長はツイッターで、魔女裁判では証拠なしで無力で罪のない被害者に有罪が言い渡さ、絞首刑か圧死刑を受けたのだと説明。対するトランプ氏は権力者で、問題行動には「十分な証拠」があるとし、「歴史を学ぶように」と呼びかけた。

「ひどい内容」

書簡を受け取ったペロシ氏は記者団に、全文ではなく「趣旨」だけ読んだとし、「本当にひどい」と感想を述べた。

ペロシ氏は、18日に弾劾決議案の採決をすると発表した声明で、下院は「憲法が定めた最も厳粛な権力の一つを行使」すると宣言した。

トランプ氏については、次期大統領選で対立候補になるかもしれないバイデン氏とその息子について、ウクライナに汚職捜査をさせようと働きかけた「権力乱用」の疑いがかけられている。

さらに、ウクライナへの働きかけについて下院が調査を始めると、これに抵抗し、妨害しようとした「議会妨害」の疑いもかけられている。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
トランプ氏は弾劾されるのか? これまでの弾劾調査を振り返る

共和党はトランプ氏と「協調」

弾劾決議案が可決されれば、トランプ氏はアメリカで弾劾される3人目の大統領となる。その後、上院で弾劾裁判が始まる。

上院は与党共和党が多数を占めている。同党のミッチ・マコネル上院院内総務は先週、同党議員は弾劾裁判において、トランプ氏側と「完全に協調して」行動すると表明した。

民主党のチャック・シューマー上院院内総務は、「弾劾決議が上院に送られて来たら、上院議員一人ひとりが宣誓して『公平な正義』を実行する。上院が公正で正直な裁判を開き、すべての事実が公表されるのを保証するのは最も大事なことだ」と話した。

ジュリアーニ氏が大使更迭関与か

一方、トランプ氏の個人弁護士をつとめるルディ・ジュリアーニ氏は17日、マリー・ヨヴァノヴィッチ前駐ウクライナ大使の更迭に関わったことを認めたと受け止められる発言が明らかになった。トランプ氏に政治的に有利に働く可能性のある捜査を、支障なく進めるのが目的だったとされる。

ジュリアーニ氏は米紙ニューヨーク・タイムズの取材に、トランプ氏には「数回」、ヨヴァノヴィッチ氏が捜査のじゃまになっている状況について情報提供をしたと述べた。

ジュリアーニ氏は米誌ニューヨーカーの取材には、「ヨヴァノヴィッチにどいてもらう必要があった」と話した。

(英語記事 Trump pens irate impeachment letter to Pelosi

この話題についてさらに読む