叙勲者の住所を誤って公開、英政府が謝罪 エルトン・ジョン氏の住所も

(Clockwise from top left) Elton John, Nadiya Hussain, Iain Duncan Smith, Jill Scott, Ainsley Harriot, Gabby Logan Image copyright PA/BBC/Getty
Image caption 住所が公開されたエルトン・ジョン、ナディヤ・フセイン、イアン・ダンカン・スミス、ジル・スコット、エインズリー・ハリオット、ギャビー・ローガンの各氏(左上から時計回りに)

イギリスで恒例の新年の叙勲を受ける人たちの住所が、当局の手違いによりインターネットで公開された。政府は1000人を超える「影響を受けた人々」に謝罪した。

叙勲者の7割超は地域社会に貢献した人々だが、歌手のサー・エルトン・ジョンや、元保守党党首のイアン・ダンカン・スミス氏など、著名人も含まれている。

2020年の叙勲者1097人が発表された27日夜、叙勲者の住所が含まれるファイルが公式ウェブサイトにアップロードされていた。このファイルは翌日に削除された。

内閣府によると、ファイルは1時間ほど閲覧が可能だったという。

「速やかに削除」

内閣府は「情報はできる限り速やかに削除した」、「経緯を調べている」と話した。また、事態をデータ保護を管轄する情報コミッショナー事務局(ICO)に報告したという。

一方、プライバシー保護の活動団体ビッグ・ブラザー・ウオッチは、「新しいデータ保護法が去年、成立したことに照らせば、こっけいで言い訳のできないミスだ。政府がルールを守れないことは明らかだ」と批判した。

また、情報の権利に詳しい弁護士は、住所を公表された人たちが政府を相手に訴訟を起こす可能性があると指摘。

持続可能性に関する取り組みを職業とし、今回の件で住所を公表されたサイモン・ウインチ氏はBBCに、「最初はリストの全員が住所を公表することを許可したのかと思った。でも、住所が知られたくないであろう人たちの名前もあるのに気づいた」と話した。

著名人も多く叙勲

今回の叙勲でサー・エルトン・ジョンは、「コンパニオンズ・オブ・オーナー勲章」を受けた。サー・エルトンは1998年にナイトの称号を得ている。

今年はダンカン・スミス氏のほか、映画「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督や、映画「それでも夜は明ける」のスティーヴ・マクイーン監督などにナイト爵位が与えられた。

また、歌手のオリヴィア・ニュートン=ジョン氏、アリソン・サンダース元公訴局長官、作家のローズ・トレメイン氏などに、「ナイト爵位」に相当する「デイム」の肩書が与えられた。

ロックバンド「クイーン」のドラマー、ロジャー・テイラー氏、テコンドーのオリンピック金メダリスト、ジェイド・ジョーンズ氏には大英帝国勲位オフィサー(OBE、4等)が与えられた。

料理番組「グレート・ブリティッシュ・ベイク・オフ」で優勝したナディヤ・フセイン氏や、女子サッカーのイングランド代表ジル・スコット選手は、大英帝国勲位メンバー(MBE、5等)を得ている。

(英語記事 Government apologises for honours list data breach

関連トピックス

この話題についてさらに読む