虚偽の強姦で英女性が有罪、疑問や抗議の声も キプロス

Protests outside the court in Cyprus

画像提供, EPA

地中海の島国キプロスで集団強姦被害にあったと警察に虚偽の届け出を行ったとして、迷惑行為の罪でイギリス人女性(19)に、禁錮4カ月、執行猶予3年の刑が言い渡された。

この女性は昨年7月、キプロスのリゾート地アヤナパのホテルで集団強姦されたとして、同国の警察に被害届を提出した。イスラエル国籍の男性12人が逮捕されたものの、女性が被害届を取り下げたため、全員が釈放された。

キプロス当局はその後、警察に虚偽の届け出を行ったとして、この女性を迷惑行為の罪で逮捕・起訴した。

女性は、警察にうその自白を強要されたと主張している。警察は、自白の強要を否定している。

公判は10月に始まり、12月末に有罪が確定していた。

裁判所前では、キプロスやイスラエルの女性の権利保護グループが抗議運動を行ない、この女性はそもそも有罪ではないと訴えた。女性の弁護人も、公正な裁判ではないと感じたと批判した。

BBCのアンナ・ホリガン記者によると、刑の言い渡し後、裁判所の外からの「あなたを信じている」、「ノーはノー」という掛け声が漏れ聞こえる中、女性は目を腫らして母親と抱き合った。

2度目のチャンス

ファマグスタ地方裁判所のミカリス・パパサナショウ判事は、女性に「2度目のチャンスを与えた」と刑について説明した。

「全ての証拠が、この女性が嘘をつき、警察が深刻な職務に当たるのを妨害したことを示している。12人が逮捕され、うち7人が少なくとも10日間拘束された。これも重大な犯罪だ」

その上で、「彼女の精神状態、若さ、家族や友人と離れ離れになっていること、今年から学業に就くことを鑑みて」刑の執行猶予を決めたと述べた。

女性には、裁判費用として148ユーロの支払いも命じられた。女性は現在、イギリスに帰国している。

男性12人の弁護士ニル・イスロヴィチ氏は裁判所の判断を歓迎し、「依頼人が提示した証拠が全て認められた」と述べた。

画像提供, Reuters

弁護団は判事の見解に反発

裁判で検察は、この女性が被害届を出した10日後、この届け出を取り下げる書類を自発的に書き、署名したと述べた。

一方女性側は、この書面は逮捕するという脅迫の中で書いたものだと主張。また、弁護士に連絡することを許されなかったと説明した。

またパパサナショウ判事は、男性が撮影した動画から女性が合意の下に性交渉したことが分かり、判決の裏づけになると述べた。

「なぜ彼女が虚偽の被害届を出したかと言えば、性行為を録画されているのに気づき、難しい立場に置かれたからだ」

「その後、彼女は謝罪して、虚偽の被害届を出したのは間違いだったと述べた」

これに対し女性の弁護人を務めたルイス・パワー氏は、男性らの携帯電話から見つかった動画では、女性がグループの1人と同意の下に性交渉を行っている様子が映っているものの、それ以外の男性が部屋に入ろうとしたのを彼女が拒否するところも映っていると指摘した。

パワー氏はまた、この裁判が弁護士や通訳がいない状況で書かれた被害届の取り消しを認める書面に依拠していることは、欧州の人権法に違反していると述べた。

さらに、実際に強姦が行われたかの証言を聞くことを拒否するなど、パパサナショウ判事の事件の取り扱い方にも問題があると非難した。

「この事件は終わっていない」

12月の有罪判決後、パワー氏はBBCニュースの取材で、「この事件はあらゆる意味で終わっていない」と語った。

「我々はキプロスの最高裁判所に上告するとともに、欧州人権裁判所へこの件を持っていくことも考えている」

「公判の進め方やその手法、そもそもの警察の捜査などで正義が行われたとは思っていない。女性が公正な裁判を受けたとは思っていない」

イギリスのボリス・ジョンソン首相は報道官を通じ、この女性がイギリスに帰国できることは「喜ばしい」と述べた。

首相官邸は、イギリス政府は「この件に関する法的手続きと、この女性の公正な裁判を受ける権利について」キプロス当局に提言したと発表した。

「私たちは黙らない」

強姦被害者の支援団体「レイプ・クライシス・センター協会」のイスラエル局長オリト・スリツェアヌ氏は、有罪判決は「信じられないことだ」と語った。

「この判決は後ろ向きの考え方で、強姦被害の力学を分かっていない。判事は性犯罪被害者に何が起こるかを学ぶべきだ」

地中海ジェンダー研究所のスザナ・パヴロウ所長は、この事件はキプロスで「抗議の文化」を生み出したと語った。

「2019年は、キプロスの刑事司法システムがいかに崩壊しているかが明らかになった。特に女性に対する加害行為に警察や公的機関がどう対応するか、専門家の不在などが明らかになった」

「この問題はなくならない。私たちは黙らない」