モンティ・パイソンのテリー・ジョーンズさん、77歳で死去

Terry Jones Image copyright Getty Images

イギリスで国民的人気のコメディ・グループ「モンティ・パイソン」の1人、テリー・ジョーンズさんが21日、亡くなった。77歳だった。遺族と代理人が22日に発表した。ジョーンズさんは2016年に、前頭側頭型認知症(FTD)と診断されていた。

家族は声明を発表し、「優しくて面白い、温かくて創造的で、本当に愛情豊かな人を、私たちは失いました」と述べた。

「この数日間、テリーは妻や子供たち、親類やたくさんの親友に常に囲まれていました。その中でテリーはロンドン北部の自宅で、穏やかに息を引き取りました」と、家族は続けた。

「モンティ・パイソンとの仕事、彼の本や映画、テレビ番組、詩などたくさんの作品は永遠に生き続けます。真の博識の人にふさわしい遺産です」

「楽しく幸せに本物の人生を生きた、彼の言葉を借りるならば『愛を込めてグルコースまみれ』で生きた、稀有な才人と、一緒に過ごせたことに感謝します」

家族はさらに、ジョーンズさんが認知症を患っていたことに触れ、「この病がいつの日か完全に根絶されることを期待しています」と述べた。

「とてもいたずらな男の子」

Image copyright Monty Python
Image caption モンティ・パイソンの6人。前列左がジョーンズさん。後列左から時計回りに、グレアム・チャップマンさん、エリック・アイドルさん、テリー・ギリアムさん、マイケル・ペイリンさん、ジョン・クリーズさん

大学時代からジョーンズさんと笑いを作り続けたモンティ・パイソンのサー・マイケル・ペイリンは、「テリーは僕にとって、最も親しい大事な親友の1人だった。優しくて思いやり深く、こちらを励ましてくれる人で、人生を満喫することに情熱をかけていた」と、しのんだ。

「ただ単に、同世代の作家、そして芸人として一番面白い1人だったというだけでなく、それをはるかに超えて、完璧に多才なルネッサンス人のようなコメディアンだった。作家、演出家、司会者、歴史家、素晴らしい児童文学作家。そして、彼ほど一緒にいて素晴らしい、温かみのある人はめったいにいない、そういう人だった」

モンティ・パイソンは、1969年からBBCで放送され一世を風靡(ふうび)したコント番組「空飛ぶモンティ・パイソン」や、映画「ライフ・オブ・ブライアン」(1979年)、「人生狂騒曲」(1983年)などで、イギリスの笑いに決定的な影響を与え、国民文化の一部となった。

1942年にウェールズで生まれたジョーンズさんは、オックスフォード大学を経て、友人のペイリンさんと共にモンティ・パイソンに参加。「空飛ぶモンティ・パイソン」や複数のモンティ・パイソン映画で、「ミスター・クレオソート」など数々の人気キャラクターを演じた。「SPAM」が今では「迷惑メール」を意味するようになったきっかけを作った、伝説的なコントにもウェイトレス役で登場した。

Image copyright Stanley Bielecki Movie Collection/Getty Images
Image caption 映画「人生狂騒曲」で「ミスター・クレオソート」を演じたジョーンズさん(左)と、共演のクリーズさん

イエス・キリストの隣のうまやで生まれた「ブライアン」を描いた監督作品の「ライブ・オブ・ブライアン」では、ブライアンの母親を演じ、「彼は救世主なんかじゃない。とてもいたずらな男の子だよ」という台詞を有名にした。この台詞は今ではイギリスで、慣用句のように何かと使われている。

この映画の公開当時、キリストを冒涜(ぼうとく)するものだと強い反発が複数の宗教団体から起こり、上映を禁止する地域もあった。これについて、監督のジョーンズさんをはじめモンティ・パイソンの面々は「キリストをからかっているのではない」と繰り返し説明していた。

Image copyright Getty Images
Image caption 映画「ライフ・オブ・ブライアン」では主役の母親を演じつつ、共同監督も務めた

ジョーンズさんは「キリストについてではなく、キリストを信じて従った人たちについての映画だ」として、「キリストが平和や愛についていったい何と言ったのか、お互いの意見がまとまらず、2000年間ずっとお互いを拷問して殺しあってきた人たちについての映画」だと話していた。

この映画の最後に歌われる「Always Look on the Bright Side of Life(いつも人生の明るい面を見よう)」は、今では国民的な愛唱歌になっている。

「笑わせてくれて、ありがとう」

ジョーンズさんの訃報を受け、多くのコメディ俳優や作家たちが、追悼の言葉をソーシャルメディアに投稿している。

Image caption 甲高い裏声の女性役も得意だった

モンティ・パイソンの1人、ジョン・クリーズさんはツイッターで、「テリーJのことをたった今聞いた。あれほど多才で限りない熱意にあふれていた人が、あれほど穏やかに息を引き取るなんて、奇妙な感じだ。たくさんの見事な業績のなかで、僕にとって彼が残してくれた一番の贈り物は、『ライフ・オブ・ブライアン』の監督だったこと。完璧だった」と書いた。

クリーズさんはさらに、「2人やられた。残るは4人」と書いた。これは、モンティ・パイソン定番の自虐ジョークをもじったもの。メンバー6人のうちグレアム・チャップマンさんが1989年に死去したのを踏まえ、「1人やられた。残るは5人」というのが、2014年復活ライブの副題でもあった。

同じくモンティ・パイソンの1人、エリック・アイドルさんは、「1963年にエディンバラ・フェスティバルの舞台で彼を見た瞬間から、大好きだった。それはそれは何度も一緒に笑い、舞台の上でもそれ以外でも、一緒にバカ騒ぎした。彼を知る人にとってはあまりに悲しいことだけど、知らなかったなら、彼が残してくれた素晴らしく面白い数々の場面を思い出せば、いつでもにっこりできる」と書いた。

さらに、モンティ・パイソン作品のほか「未来世紀ブラジル」など数々の映画を発表しているテリー・ギリアム監督は、「彼はとてもいたずらな男の子だった!……いなくなって寂しい」とツイート。「テリーは、人生に完全に夢中になっている人だった。優秀で、常に疑問を抱き、因習に捕らわれず、正しいことのために怒り、議論を惜しまず、それでもとんでもないほど面白くて、思いやり深く、優しい人間で……」と書き、次のツイートで「そしてしばしば、ものすごくむかつく奴だった。あれほどの友達はなかなかいない。テル、さようなら」

コメディ俳優で作家や司会者でもあるスティーヴン・フライさんは、「テリー・ジョーンズ、さようなら。(モンティ・パイソンの番組で定番の)あの巨大な足がついに下りてきてあなたを踏むんですね。あなたのおかげで、本当に楽しかった。本当に限りなく面白くて楽しかった。なんて素晴らしい才能と心と頭脳だったことか」と書いた。

コメディ俳優で作家のデイヴィッド・シュナイダーさんは、「まるでみぞおちを殴られたみたいな知らせだ。僕たちをものすごく笑わせてくれてありがとう、テリー」とツイートした。

人気ドラマ「ブラックミラー」の製作者で脚本家のチャーリー・ブルッカー氏は、「本物の天才、テリー・ジョーンズ、安らかに。素晴らしい場面があまりにたくさんありすぎて、とても選びきれない」とツイートした

「時代が変わっても人間は」

Image caption BBC番組で十字軍の歴史を探るなど、中世研究でも知られた

ジョーンズさんは児童書のほか、中世ヨーロッパについての本も発表し、1995年にBBCで放送された歴史番組では十字軍の歴史を探求した。

「中世の世界は現代と似ていて、同じような連中が同じような相手をだましているというのが、常に自分のテーマだ。時代が変わっても人間のあり方は変わらない」と、ジョーンズさんは話していた。

反戦活動でも知られ、イラク戦争に反対する文章をたびたび新聞に寄稿していた。

2016年に認知症の中でも特に言葉に関する脳の部分に影響する、「前頭側頭型認知症」と診断されたことを公表。2017年にはペイリンさんが「彼はもう話すことができない」と明らかにしていた。

2011年のインタビューで、どういう風に記憶されたいか聞かれると、ジョーンズさんは「児童書の作家か、それか学術研究の何かで」と答えた上で、こう続けていた。

「それとも、リチャード2世の名誉を回復した人間として覚えてもらうとか。あの人は14世紀の政治的デマでひどい目に遭った被害者だったのでね」

(英語記事 Terry Jones: Monty Python star dies aged 77 / Monty Python's Terry Jones: Master of the absurd

この話題についてさらに読む