【弾劾裁判】 居眠り、ゲーム、紙飛行機… 「小学生並み」の議員たち

Capitol Hill Image copyright The Washington Post/Getty Images
Image caption 米連邦議会議事堂

米議会上院で開かれている、ドナルド・トランプ大統領に対する弾劾裁判で、複数議員が居眠りやゲームをするなどし、非難の声が上がっている。

長時間にわたる審理中にうとうとしていたとされるのは、上院外交委員会のジム・リッシュ委員長(共和党)や、ジム・インホフ上院議員(共和党)ら。

リッシュ委員長は着席中、もたれかかったまま動かず、目を閉じていた。

同委員長の広報担当者は、同委員長は「目を閉じて、あるいは頭を垂れた状態で」じっと審理を聞いていたとして、居眠りを否定したと、米ウォールストリートジャーナルは報じた。

一方、インホフ議員は23日、うとうとしているところを米NBCのリポーターに目撃されていた。インホフ議員はその後、隣に着席していたトッド・ヤング議員(共和党)に小突かれた。

<関連記事>

トランプ氏は、今年の大統領選で対立候補になるかもしれないジョー・バイデン前副大統領とその息子について捜査着手を公言するよう、昨年夏にウクライナ大統領に働きかけ、引き換えに軍事援助の凍結をちらつかせたとされる。

これが権力乱用にあたると下院は決議。また、この問題について政府職員の議会証言を阻止するなど、下院の調査を妨害したとして、議会妨害でも弾劾決議された。

弾劾裁判では、トランプ氏の罷免の是非を判断するため、上院議員が陪審員役を務めている。

退屈した小学生のよう

議場内では、複数の上院議員のそばに、クロスワードパズルやハンドスピナーがあることが確認されたほか、紙飛行機が少なくとも1つあったという。

米議会上院には、礼儀正しい行動規律が求められる神聖な場所という誇りがある。しかし、弾劾裁判の審理が開始した今週、退屈した小学生のような振る舞いを見せた与野党の一部議員に対し、米メディアから非難の声が上がっている。

上院での行動規律では、弾劾裁判中、議員は着席したままでいることが求められている。

しかし、23日の審理中に席を複数回離れた議員が、少なくとも野党・民主党で9人、与党・共和党で22人いたと、ロイター通信は報じている。

その中には、今年の大統領選に名乗りを上げている民主党のバーニー・サンダース上院議員、エイミー・クロブシャー上院議員、マイケル・ベネット上院議員もいたという。

読書する議員も

議場内で読書しているところを目撃された、テネシー州選出のマーシャ・ブラックバーン上院議員(共和党)は23日、自らを擁護するツイートを投稿。

読んでいた書籍「トランプ・ヘイター(憎悪をまき散らす人)はどのようにアメリカを破壊しているのか、キム・ストラッセル著」は、「今日の成り行きについて良い見識を与えてくれる」、「忙しい母親はマルチタスクが大得意なので。(中略)やってみて」と書いた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
ビギナー向けに解説 弾劾調査とトランプ氏

ヴァージニア州選出のマーク・ワーナー上院情報委員会副委員長(民主党)は、目のあたりを手で覆い、右腕にもたれた状態が約20分間続いた。

24日には、リチャード・バー上院情報委員会委員長(共和党)が、時間つぶしにと、同僚議員に子供用のおもちゃのハンドスピナーを手渡した。

インディアナ州選出のマイク・ブラウン上院議員(共和党)は、「一部議員がハンドスピナーを手に取っているのを見た」と述べた。ブラウン議員は、自分にはハンドスピナーは必要なかったという。

すべての電子機器が禁止に

上院では、通常の審理には、電話やラップトップ・パソコン、タブレットの持ち込みは可能だが、今回はすべての電子機器が禁止され、多くの議員は落ち着かない様子だった。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【弾劾裁判】 トランプ氏の弾劾裁判になぜウクライナが関係するのか

ヴァーモント州選出のパット・リー上院議員(民主党)は、議場外で携帯電話を取り戻した際に、「私の大切なもの」と漏らした。

一部の上院議員は、スマートウォッチを着用して、厳しいルールを回避していたようだ。

報道によると、ケンタッキー州選出のランド・ポール上院議員(共和党)は、クロスワードパズルをしたり、紙飛行機を作ったりしていた。

大統領戦の民主党の候補者指名を争うマサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員は、紙状のゲームをしているところを、米ABCニュースのリポーターに目撃されていた。

ひそひそ話、飲食……

議場では会話も禁止されており、議員は守衛から静かにするよう注意を受けている。

しかし23日には、互いにメモ紙を渡しあっていたティム・スコット上院議員(サウスカロライナ州、共和党)とベン・サス上院議員(ネブラスカ州、共和党)が、ひそひそ話を始めた。

食べ物を口にすることも禁止されているが、チョコレートを食べたりガムを噛む議員もいた。

熱心にメモとる議員も

議場内へのメディアのアクセスは厳しく制限されていたため、ごくわずかなカメラが上院議員の無防備な様子を撮影することができた。

そのほかの上院議員は、審理に集中している様子で、中には熱心にメモを取る議員もいた。

マーコ・ルビオ上院議員(フロリダ州選出、共和党)は、羽ペンとみられるもので走り書きする姿が見られた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【弾劾裁判】 これまでの経緯を簡単に解説

アメリカ大統領が弾劾裁判にかけられるのは、史上3人目。

弾劾裁判は来週にも終了する見通し。上院は共和党が53議席と多数を占めるだけでなく、有罪判決には3分の2(67議席)以上の賛成が必要となる。そのため、トランプ氏が実際に解任される可能性はきわめて低い。

23日の審理に先立ち、一部の共和党上院議員は、検察官に相当する「弾劾管理人」を務める民主党議員の主張について、新しい内容は何もなく、すでにトランプ氏を排除すると決めていると聞いたと主張した。

(英語記事 Senators 'nap and play' in Trump impeachment trial

この話題についてさらに読む