ベルギーの前国王、隠し子を認知 DNA検査で陽性

Delphine Boël (L) and former King Albert II (R)

画像提供, AFP

画像説明,

デルフィーヌ・ボエル氏(左)は長い間、ベルギーの前国王アルベール2世が実の父親だと主張してきた

ベルギーの前国王アルベール2世(85)は27日、ベルギー人の芸術家デルフィーヌ・ボエル氏(51)について、不倫によってできた実の娘だと認めた。裁判所に命じられて受けたDNA検査が陽性だった。

ボエル氏は10年以上にわたり、アルベール2世が自分の父親だと主張してきた。

アルベール2世は2013年に健康上の理由で生前退位。それにより不訴追特権を失ったため、この件は法廷で争われていた。

アルベール2世の弁護団は27日に発表された声明で、「前国王はDNA検査の結果と(中略)科学的な結論として、自分がデルフィーヌ・ボエル氏の生物学的な父親だと示していることを知った」と説明。

前国王は2013年以降続いていた法廷闘争を中止すると共に、「デルフィーヌ・ボエル氏が4人目の子供だと認めた」という。

一方ボエル氏の弁護人はRLTテレビの取材で、「ボエル氏は自分のアイデンティティーを探し求め、そのために長く悪夢のような人生を送ってきた」と述べた。

マルク・ウイッテンデレ弁護士はさらに、「ボエル氏の生物学上の父親は、自分が父親かもしれないと公になった時、彼女を非情に拒絶した」と前王を批判。ボエル氏が訴訟に踏み切ったのは、「自分の子どもに同じ負担を負わせたくなかったからだ」と話した。

ブリュッセルの控訴院は昨年5月、アルベール2世に対し、DNA検査を1日拒否するごとに5000ユーロ(60万円)の罰金を支払うよう命じていた。

ベルギー王室の「隠し子騒動」

アルベール2世に隠し子がいるといううわさが最初に浮上したのは1999年で、妻パオラ妃の非公認伝記で明らかになった。疑惑はたちまち王室スキャンダルとなり、ベルギーでは長年にわたりマスコミの注目を浴びてきた。

アルベール2世が自分の父親だとボエル氏が表立って主張したのは、2005年に受けた取材が最初だった。

ボエル氏の母親シビル・デ・セリス・ロンシャン女男爵は、アルベール2世が即位する以前の1966年から1984年にかけて、不倫関係にあったと主張している。

1993年に兄ボードゥアン1世が62歳で亡くなったため、アルベール2世が国王となった。

アルベール2世は2013年7月に健康不安を理由に退位し、長男のフィリップが後を継いだ。前国王は現在、年間100万ユーロの収入を得ているという。

アルベール2世が退位した直後、ボエル氏は認知訴訟を起こした。

画像提供, Getty Images

画像説明,

アルベール2世とパオラ妃の間には、フィリップとロラン、アストリッドの3人の子どもがいる。写真は1969年、リエージュ公時代のもの

前国王は昨年、2018年に裁判所が命じたDNA検査を拒否し、控訴していた。

裁判所は当初アルベール2世に対し、DNA検査に使う唾液を3カ月以内に提出するよう要請。提出がない場合はボエル氏が実の娘だと推定し、相続人の資格を持つ可能性があると説明していた。

ベルギーは立憲君主国で、国王は儀礼的な役割を担っている。

アルベール2世とは

  • 1934年に、国王の次男として生まれる。王位継承権は2位だった
  • 1959年、イタリア公爵家のパオラ・ルッフォ・ディ・カラブリアさんと結婚
  • 2人の間には2男1女の3人の子どもがいる
  • 兄ボードゥアン1世の死を受け、1993年8月にベルギー国王となった
  • 2010~2011年にベルギーが政治的空白に陥った際には、立憲君主の役割の一環として政治に介入した
  • 2013年に生前退位