脳性まひの少年、取り残され死亡 新型ウイルスで家族を隔離

An image shared on Chinese social media of Yan Cheng sitting in a wheelchair Image copyright Weibo
Image caption 1人取り残されて死亡した脳性まひ患者のヤン・チェンさん。名前はソーシャルメディアでトレンドワードになっている

新型コロナウイルスが猛威をふるう中国・湖北省で先月29日、脳性まひ患者の中国人の少年が死亡しているのが発見された。少年の唯一の介助者だった父親は、新型ウイルス感染の疑いで、1週間前から隔離されていたという。

死亡したのは、ヤン・チェンさん(16)。複数報道によると、ヤンさんの父親ときょうだいが隔離されてから1週間もの間、食事を2回しか与えられていなかったという。

ヤンさんの死亡をめぐり、地元の共産党書記と湖北省華家河鎮・鄢家村の村長が解任された。

この出来事は、ソーシャルメディアでトレンドになっている。

水や食料なく、1人取り残され……

ヤンさんの家族は、新型コロナウイルスのアウトブレイク(大流行)が発生した湖北省の中心部で暮らしていた。

地元メディアによると、ヤンさんの父親は、息子が食べ物や水がない状態で1人取り残されているから助けて欲しいと、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」に書き込んだ。

脳性まひは、幼児期に何らかの原因で受けた脳の損傷による運動機能障害を指す症候群のこと。体の震えや、筋肉の硬直あるいは筋力の低下、嚥下障害、視覚や言語、聴力障害など、症状は様々で、重度の障害を抱えることもある。

当局は以前、ヤンさの死亡について調査を開始すると発表していた。

感染者数はさらに増える見込み

Image caption 中国国内の死者数(赤線)と感染者数(青線)を示すグラフ。縦軸は人数、横軸は日にち(1月21日、23日、25日と続き2月2日まで)。 出典:中国国家衛生健康委員会、BBCリサーチが2月3日作成)

新型ウイルスをめぐっては、中国国内でこれまで425人が死亡し、2万人以上への感染が確認されている。中国国外では、フィリピンでの死者1人を含む150件以上の症例が確認されている。

世界保健機関(WHO)は、感染者の数はさらに増える見込みだと警告している。

中国当局は、ウイルスの感染拡大を食い止めるため、多数の対応策を導入している。

(英語記事 Disabled boy dies in China after father quarantined

この話題についてさらに読む