トランプ氏、「アメリカの復活」を自賛 一般教書演説

US President Donald Trump arrives to deliver the State of the Union address Image copyright Getty Images
Image caption 米下院で一般教書演説をしたトランプ大統領

ドナルド・トランプ米大統領は4日夜、議会で毎年恒例の一般教書演説をした。弾劾裁判で無罪評決が予想されるなか、「偉大なアメリカの復活」を自賛した。

トランプ氏は、野党・民主党が多数を占める議会下院で演説。昨年12月に弾劾を決議された場で、再選への意気込みを表明した。

大統領の失職を狙った民主党議員たちを直接批判はしなかったが、遠まわしに責めた。

ナンシー・ペロシ下院議長は、トランプ氏の背後で、演説の原稿のコピーを破った。

<関連記事>

演説は全米でテレビ中継された。トランプ氏が演説の準備をするなか、共和党議員らは「もう4年」と唱え、11月の大統領選挙に向けてトランプ氏を後押しした。

議事堂の反対側にあり、与党・共和党が多数派の上院では5日、党の主張に沿った投票により、トランプ氏の汚職疑惑を解消することが確実視されている。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
【弾劾裁判】 これまでの経緯を簡単に解説

背後で原稿を破る

トランプ氏は演説台で演説を始める前に、ペロシ議長が握手しようと差し出した手を無視したように見えた。

評論家らは、下院議長が「特別な栄誉」として大統領を議場に歓迎する習わしを、ペロシ氏は省略したと指摘した。

演説でトランプ氏は、民主党について、不法移民への無制限の無料医療保険を提供するよう国民に強いる計画だと主張。ペロシ氏が2回、「事実じゃない」と口にする場面があった。

トランプ氏の演説が終わりに近づくと、ペロシ氏は演説の原稿を破り、周囲を驚かせた。

この動作についてペロシ氏は、「礼節ある行為」だったと後に記者団に述べた。

トランプ氏の演説中、ペロシ氏が立ち上がって拍手する場面も複数回あった。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
トランプ氏の原稿をビリビリッ ペロシ下院議長、一般教書演説で感情あらわに

オバマ前大統領を暗に批判

1時間18分にわたったこの日の演説は、2017年の大統領就任式で「アメリカの殺りく」と嘆いたのとは対象的に、高揚感を表に出したものだった。

トランプ氏は前任のバラク・オバマ前大統領を暗に非難し、「我々はたった3年で、アメリカの落日という精神性を打ち壊し、アメリカの運命を縮小させることを拒んだ」と述べた。

また、「我々はほんの少し前には想像できなかったペースで前進していて、決して後戻りしない!」と訴えた。

さらに、左派色の強いバーニー・サンダース上院議員ら、大統領選の党候補者を争っている民主党員らへの当てこすりも繰り返した。

トランプ氏は、「我々は決して、社会主義がアメリカの医療保険を破壊するのを許さない!」と強調。ただ、トランプ氏に批判的な人からは、同氏が独自の医療保険の計画を出していないとの指摘が上がっている。

扇動的な司会者に勲章

この日の議場には、南米ヴェネズエラの野党指導者フアン・グアイド国民議会議長など、トランプ氏の特別な招待者も何人かいた。

その1人が保守系ラジオ司会者で、扇動的な発言で知られるラッシュ・リンボー氏だ。同氏は今週、肺がんであることを公表した。

Image copyright AFP
Image caption メラニア・トランプ大統領夫人(右)から大統領自由勲章を受けたラッシュ・リンボー氏

トランプ氏はリンボー氏に、民間人に対する最高位の勲章である大統領自由勲章を贈ると発表。メラニア・トランプ大統領夫人が勲章を授けた。

これが、リベラル派の怒りを買うのは間違いない。

トランプ氏が銃を所有する権利を擁護した際には、抗議を表明した男性が議場から退出させられた。

この男性は、2018年2月にフロリダ州のパークランドの高校で起きた銃乱射事件で殺されたジェイミー・ガテンバーグさんの父親、フレッド・ガテンバーグ氏だった。同氏はペロシ氏に招待されていた。

民主党が批判の演説

一般教書演説の終了後、民主党を代表し、ミシガン州のグレチェン・ウィトマー知事が大統領を批判する演説をした。

ウィトマー氏は、アメリカが抱える問題の改善に、トランプ氏は成功していないと主張。「ツイッターで人々をいじめても橋は直らない。焼け落としてしまう」と述べた。

(英語記事 Trump hails 'American comeback' in Congress speech

この話題についてさらに読む